誕生日データベース

ジョルジュ・クレマンソーGeorges Clemenceau

政治家首相ジャーナリスト[フランス]

1929年 11月24日 死去享年88歳
ジョルジュ・クレマンソーの名言
将軍たちに任せておくには、戦争はあまりにも重大だ。
War is too important to be left to the generals.
ジョルジュ・クレマンソー - ウィキペディアより引用
ジョルジュ・バンジャマン・クレマンソー(Georges Benjamin Clemenceau、1841年9月28日 - 1929年11月24日)は、フランスの政治家、ジャーナリスト。
経歴・人物 フランス西北部ヴァンデ県、ムイユロン=アン=パレド (fr) 生まれ。
共和派の家系に生まれる。
1865年、南北戦争中のアメリカに留学。
同時にフランスの新聞の特派員を務める。
1869年、ソルボンヌ大学医学部卒業後、医師となるが、その後政治家を志し、翌1870年にパリのモンマルトル区長となった。
1871年、下院議員に当選。
共和派のブルジョワ的政策を厳しく攻撃し、しばしば内閣を辞任に追いやったことから、「虎」の異名を得る。
同年のパリ・コミューンの際、政府とコミューンの調停工作を行うが失敗し、辞任した。
1876年、再び下院議員(パリ市第18区選出の参議院議員)に当選。
議会の最左翼、急進的社会主義者グループに所属し、リーダーとして活躍。
1880年、日刊紙「正義」 (La Justice)を発行。
対独復讐を唱え、与党共和派が推進する穏健的な植民地政策を激しく攻撃する。
連想語句
人物経歴パリリンク共和アメリカアンエピソードパレドフランスムイユロンモンマルトルヴァンデ医学部南北外部大学戦争文献日本語編集脚注ことジャーナリストソルボンヌフランス語ブルジョワブルジョワジーページ下院他言語内閣北部区長医師卒業合衆国執筆存在家系当選攻撃政治家政策新聞新規治家特派員留学目次翻訳西議員辞任項目

↑ PAGE TOP