誕生日データベース

ヴィットーリオ・アルフィエーリVittorio Alfieri

作家[イタリア]

1803年 10月8日 死去享年55歳
ヴィットーリオ・アルフィエーリの名言
往々にして勇気は、死ぬことではなく生きることによって試される。
Often the test of courage is not to die but to live.
ヴィットーリオ・アルフィエーリ - ウィキペディアより引用
ヴィットーリオ・アルフィエーリ(Vittorio Alfieri, 1749年1月16日-1803年10月8日)はイタリアの貴族・劇作家。
伯爵。
生涯 北イタリア・ピエモンテ州の小都市アスティの生まれ。
語の綴りさえも知らずに自尊心の激しさだけで書かれた処女作の悲劇《クレオパトラCleopatra、1774年》で有名になり、1776年にフィレンツェに行き、オールバニ伯爵夫人ルイーゼと恋愛関係になった。
彼女とともにアルサスからパリに赴く。
フランス革命に遭遇して王政に反抗する民衆の力に感激し、頌詩《バスティーユ抜きのフランス》を書くが、恐怖政治になるや《フランス嫌い》を書いて革命政府の行き過ぎを弾劾し、追求を避けて1792年にフィレンツェに戻る。
晩年をギリシア語研究と、ギリシア・ラテンの古典の翻訳に過ごした。
ダンテ、ペトラルカ、アリオスト、タッソーの4人を模範とし、さらにマキャベッリ、シェイクスピア、セルバンテスなどを読み、史実にはあまりこだわらない。

■ 関連書籍

タイトル
アントニウスとクレオパトラ(悲劇)
著者
ヴィットーリオアルフィエーリ
発売元
文化書房博文社
発売日
2013-11
新品価格
より
中古商品
¥ 4,367 より

「ヴィットーリオ・アルフィエーリ」と関連する人物

ルイ15世 スタンダール
連想語句
フランスフィレンツェ伯爵生涯革命アスティアリオストダンテバスティーユパリピエモンテペトラルカルイーゼ恐怖政治民衆編集アリギエーリアルイタリアオールバニギリシアギリシア語クレオパトラゲーデサスシュトルベルクタッソタッソーツートルクァートニッコロマキャベッリマキャヴェッリラテンルン作家処女作劇作家反抗古典夫人嫌い弾劾彼女恋愛悲劇感激抜き政府晩年有名模範牢獄王政研究翻訳自尊心追求遭遇都市関係頌詩

↑ PAGE TOP