生年月日データベース

瀬田貞二せたていじ

児童文学者翻訳家[日本]

1916年 4月26日 生 (満102歳)

瀬田 貞二(せた ていじ、1916年4月26日-1979年8月21日)は、日本の児童文学作家、翻訳家、児童文学研究者。

東京市本郷 (文京区) 本郷に生まれる。
1936年、中村草田男に師事し、俳誌「萬緑」の創刊に参加する。
1941年、東京大学 東京帝国大学国文学科卒業。
戦後、公立夜間中学教師のかたわら、余寧金之助の筆名で児童文学作品を雑誌に寄稿。
1949年、平凡社に入社し『児童百科事典』全24巻の企画編集に携わり、1956年完成、1957年以降、児童文学の分野で翻訳・評論・創作などを手がけ、業績を残した。

J.R.R.トールキン『指輪物語』の翻訳が有名である。
その他、日本の民話の再話もあり、『かさじぞう』『ふるやのもり』などはロングセラーである。

1957年、サンケイ児童出版文化賞受賞、ついで1963年、1966年<以上対象作品不明>、1967年「ナルニア国ものがたり」の訳で同賞受賞。
1975年、『指輪物語』の翻訳等で日本翻訳文化賞、1977年、児童福祉文化賞奨励賞受賞、1979年、『きょうはなんのひ?』で絵本にっぽん賞、1982年、『落穂ひろい』で日本児童文学者協会賞特別賞、毎日出版文化賞特別賞受賞。

■ 関連書籍

1916年、東京に生まれ。東京帝国大学国文学科卒業。 童話作家、翻訳家、評論家。サンケイ児童出版文化賞等受賞。 著書に「落穂ひろい」「絵本論」、訳書に「ホビットの冒険」「指輪物語」など。1979年没。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京
  • 児童
  • 文学
  • 作品
  • 学校
  • 高等
  • 中学校
  • 中村草田男
  • 作家
  • 本郷
  • 湯島
  • 研究者
  • 結社
  • 翻訳家
  • 訳書
  • 評論
  • 講演
  • 開成
  • かたわら
  • 中学
  • 俳句
  • 俳誌
  • 公立
  • 切通
  • 創刊
  • 卒業
  • 参加
  • 国文科
  • 坂町
  • 夜間
  • 大学
  • 寄稿
  • 帝国
  • 師事
  • 戦後
  • 教師
  • 旧制
  • 東京大学
  • 筆名
  • 金之助
  • 雑誌