生年月日データベース

松園尚巳まつぞのひさみ

ヤクルト 元社長[日本]

1922年 7月15日

松園 尚巳(まつぞの ひさみ、1922年7月15日 - 1994年12月15日)は、ヤクルト本社名誉会長、ヤクルトスワローズの初代オーナー、 長崎新聞社長、長崎文化放送初代代表取締役会長を務めた実業家。
双子の兄は同じくヤクルトスワローズのオーナーを務めた松園直已。
来歴・人物 長崎県南松浦郡三井楽町(現・五島市)出身。
法政大学工業学校を卒業し、法政大学専門部を中退。
長崎市で乳酸菌飲料「ヤクルト」の販売を始め長崎ヤクルトを設立。
1956年、関東ヤクルト製造を設立。
1967年、ヤクルト本社の社長に就任(1988年3月まで21年)。
1969年3月、経営が行き詰った産経新聞社からサンケイアトムズ(現在の東京ヤクルトスワローズ)を買収し、同球団のオーナーに就任する。
長崎地区のヤクルトの一販売業者からスタートし、全国のヤクルト業者を説いて回り一大組織に統合、1956年、製造・販売各社を統合した本社を設立。
女性販売員の宅配システムで同社を成長させる。
化粧品・薬品事業にも進出、多角化を図る。
ヤクルトは、もともと特定の創業者の手によって事業化されたものではなく、代田稔が京大医学部で学んでいたときに、特殊乳酸桿菌の発見・育成に成功し「ヤクルト」の登録商標をした。

■ 関連書籍

連想語句
  • ヤクルト
  • ヤクルトスワローズ
  • 法政大学
  • 長崎
  • オーナー
  • ヤクルト本社
  • 三井楽町
  • 初代
  • 南松浦郡
  • 学校
  • 実業家
  • 専門
  • 工業
  • 文化放送
  • 松園直已
  • 社長
  • 設立
  • 逸話
  • 長崎市
  • 長崎新聞
  • 長崎県
  • 関連
  • 中退
  • 乳酸菌
  • 五島市
  • 代表
  • 会長
  • 出身
  • 卒業
  • 双子
  • 取締役
  • 就任
  • 東京
  • 製造
  • 販売
  • 関東
  • 飲料