生年月日データベース

井川慶いがわけい

プロ野球選手[日本]

1979年 7月13日 生 (満39歳)

井川慶 - ウィキペディアより引用

井川 慶(いがわ けい、1979年7月13日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身のプロ野球選手(投手)。
左投げ左打ち。
プロ入り前 茨城県東茨城郡大洗町出身。
大久保博元とは実家が近く、小学校・中学校・高校すべて同じである。
大洗野球スポーツ少年団で野球をはじめ、小学生までは右投げだった。
高校時代も体のバランスをとるために右投げの練習は続けていた。
プロ入り後も、オフに帰郷するたび、自らの後輩である大洗の小中学生相手に野球教室を開いている。
水戸商高3年春の県大会、対竜ヶ崎一高戦で、7回参考記録ながら18奪三振の完全試合を達成。
しかし夏は腰痛のためほとんど登板機会がなかった。
県大会決勝の対茨城東高戦(水戸市民球場)に痛み止め注射をして登板したが、自らのミスなどで4点を失い敗退。
全国大会出場はなかったが、「東のドクターK」として一部では名前が知られており、当時川口知哉・能見篤史と並んで「高校生左腕三羽ガラス」と呼ばれた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手(投手)。背番号29。 1979年7月13日生まれ。186cm96kg。茨城県東茨城郡大洗町出身。左投左打。(利き手は右) 水戸商から1997年ドラフト2位で阪神タイガースに入団。3年間の育成を経て、2001年には規定投球回に到達。9勝13敗と負け越しではあるものの、防御率2.67と好成績を残す。2002年は開幕の読売ジャイアンツ戦で完投勝利、タイガースの開幕戦の連敗を11で止めるなど、エースとして活躍(14勝9敗)。 2003年は8月2日までの12連勝を含む20勝を挙げて最多勝・最優秀防御率のタイトルを獲得し、チームの優勝に貢献、MVPに輝く。2004年10月4日には広島カープ相手にノーヒットノーランを達成した。2004年オフにポスティングシステムによる大リーグ移籍を訴えたが、球団が認めず、2005年1月残留決定。 2006年オフ、ポスティングシステムを利用することで念願であった大リーグへの移籍を実現することに阪神球団側と合意。 2006年11月末、ニューヨーク・ヤンキースが約30億円で、井川との30日間の独占交渉権を落札した。 また、名スポーツ選手にはしばしば伝説的な(というか奇怪な)言動が目立つ人が多いものだが、井川慶もその類に漏れず、各所でさまざまな「伝説」を打ち立てている。 2007年1月25日、日本将棋連盟より「将棋親善大使」を委嘱される。 2007年2月8日夕方、公式HP上にて結婚を発表。新妻も一緒に渡米して既に新生活を始めているという。 2012年3月28日、公式HP上にてオリックス・バファローズに入団することを発表。 K’s SELF | 井川慶オフィシャルサイト (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • オリックス
  • リーグ
  • 兵庫
  • 退団
  • 阪神
  • セントラル
  • バファローズ
  • プロ
  • プロ野球
  • メジャー
  • ヤンキース
  • リーガー
  • 大洗町
  • 投手
  • 東茨城郡
  • 独立
  • 茨城県
  • 選手
  • 野球
  • 阪神タイガース
  • いがわ
  • けい
  • エース
  • チーム
  • プレー
  • 井川
  • 優勝
  • 出身