生年月日データベース

松本良順まつもとりょうじゅん

御典医、軍医、男爵[日本]

(天保3年6月16日生)

1832年 7月13日

松本良順 - ウィキペディアより引用

松本 良順(まつもと りょうじゅん、天保3年6月16日(1832年7月13日) - 明治40年(1907年)3月12日)は、幕末から明治期の日本の医師(御典医、軍医)、政治家。
爵位は男爵。
西洋医学所頭取、将軍侍医、幕府陸軍軍医、大日本帝国陸軍軍医総監(初代)、貴族院勅撰議員などを務めた。
父は佐倉藩藩医で順天堂を営む佐藤泰然。
外務大臣の林董は実弟。
幼名は佐藤順之助。
後に幕医の松本良甫の養子となる。
明治4年(1871年)に従五位に叙せられた後、順に改名した。
号は蘭疇、楽痴。
天保3年(1832年)6月16日、江戸麻布(東京都港区)に生まれる。
嘉永元年(1848年)、佐倉藩で病院兼蘭医学塾「佐倉順天堂」を開設していた父佐藤泰然の元へ行き、助手を勤める。
嘉永2年(1849年)、松本良甫の養子となる。
嘉永3年(1850年)、長男銈太郎誕生。
安政4年(1857年)閏5月18日、長崎伝習之御用を命じられ、長崎海軍伝習所に赴く。
オランダ軍軍医のポンペに医学等の蘭学を学ぶ。
文久2年(1862年)閏8月8日、奥詰医師となり、医学所頭取助を兼ねる。

■ 関連書籍

まつもとりょうじゅん [生]天保3(1832).6.16.江戸[没]1907.3.12.東京医師。佐藤泰然の次男として生れ,のち幕府医官松本良甫の養子となる。安政4(1857)年幕命により長崎に留学,蘭医J.ポンペについて西洋医術を学び,文久1(61)年に創立した長崎養生所でポンペを助けて教育と臨床にあたった。同3年6月江戸に帰り,緒方洪庵の跡を継いで幕府の西洋医学所頭取となった。維新の戦いには幕軍方に投じ,官軍に捕われて明治2(69)年に釈放された。翌年,早稲田に蘭疇医院を開き治療と教育を行なったが,軍医制度発足にあたり山県有朋の要請で兵部省に出仕。1873年初代陸軍軍医総監,のち貴族院議員となり,男爵を授けられた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 軍医
  • 日本
  • 陸軍
  • 明治
  • 佐倉
  • 佐藤泰然
  • 勅撰
  • 医師
  • 外務
  • 大日本
  • 大臣
  • 帝国
  • 幕府
  • 幕末
  • 幼名
  • 御典医
  • 政治家
  • 松本良甫
  • 林董
  • 栄典
  • 江戸時代
  • 爵位
  • 男爵
  • 総監
  • 藩医
  • 議員
  • 貴族院
  • 順天堂
  • 頭取
  • 養子
  • 佐藤
  • 侍医
  • 初代
  • 医学
  • 学校法人
  • 実弟
  • 将軍
  • 征夷大将軍
  • 改名
  • 末期
  • 称号
  • 蘭疇
  • 西洋
  • 順之助