生年月日データベース

北別府学きたべっぷまなぶ

プロ野球選手、コーチ[日本]

1957年 7月12日 生 (満61歳)

北別府 学(きたべっぷ まなぶ、1957年7月12日 - )は、鹿児島県曽於郡末吉町(現曽於市)出身の元プロ野球選手(投手)。
古葉竹織監督率いる赤ヘル時代のエース投手として活躍。
そのコントロールの良さから「精密機械」の愛称だった。
プロ入り前 宮崎県立都城農業高等学校で1年生からエースとして活躍。
2年上に江川卓(作新学院)がおり、打席で彼の剛速球に驚愕した。
1974年、2年生時の夏の甲子園県予選では準決勝で延岡高に敗退。
翌1975年の春季九州大会1回戦では、伝習館高を相手に完全試合を達成する。
しかし同年夏も県予選準決勝で日南高に完封を喫し、甲子園には出場できなかった。
1975年のドラフト会議にて1位指名され広島東洋カープに入団した。
甲子園には出場していないため、この時はまだ全国的には無名の存在で、広島スカウト陣以外には日本ハムファイターズ監督に就任したばかりだった大沢啓二が目をつけているだけだった。

■ 関連書籍

プロ野球、広島東洋カープの選手。通称「マウンドの精密機械」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は20番。 1957年7月12日生まれ。鹿児島県曽於郡末吉町(現曽於市)出身。都城農高卒。 コントロールが良かったことから、「マウンドの精密機械」と呼ばれた。 1975年、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。2年目から先発ローテーション入りし3年目に10勝。この年から11年連続2桁勝利 1982年、20勝し最多勝、沢村賞を受賞 1986年、最多勝、最優秀防御率、最高勝率、MVP、沢村賞に輝き優勝に貢献。 1992年7月16日、対中日戦で200勝を達成、20世紀最後の200勝投手となり名球会入りを果たした。しかし、日本シリーズでは出場11試合のうち先発6度で0勝5敗、防御率3.21と勝ち星がない。 1994年、現役引退。背番号20は広島東洋カープの準永久欠番。後にテレビ朝日の野球解説者を経て、2001年から2004年まで広島東洋カープの投手コーチを務めた。 2012年、野球殿堂表彰者に選ばれる no title 現在は解説者。マスターズリーグ・福岡ドンタクズの選手。対馬まさかりドリームスにも参加。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ
  • 投手
  • スタイル
  • タイトル
  • プレー
  • プロ野球
  • 出演
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 曽於市
  • 曽於郡
  • 末吉町
  • 番組
  • 背番号
  • 著書
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • 鹿児島県
  • きたべっぷ
  • アニメ
  • 出身
  • 北別府
  • 漫画