生年月日データベース

四谷シモンよつやしもん

人形作家[日本]

1944年 7月12日 生 (満74歳)

四谷シモン(よつや シモン、本名:小林兼光、1944年7月12日 - )は日本の人形作家、俳優。
人形学校「エコール・ド・シモン」主催。
弟は写真家の渡辺兼人。
少年の頃より人形制作を好み、川崎プッペに私淑する。
中学卒業後、アルバイトをしながら人形制作を続ける。
林俊郎、坂内俊美に師事する。
17歳の時、一時ぬいぐるみ人形作家水上雄次の内弟子になる。
新宿のジャズ喫茶に出入りして、金子國義、コシノジュンコらと出会う。
歌手のニーナ・シモンが好きだったことから「シモン」の渾名が付く。
ロカビリー歌手としても活動する。
昭和40年(1965年)、雑誌『新婦人』に掲載されていた、澁澤龍彦の紹介によるハンス・ベルメールの球体関節人形を見て衝撃を受け、それまでの人形制作方法を捨てる。
金子國義を通じて、澁澤龍彦、唐十郎と知り合う。
昭和42年(1967年)5月、唐十郎の状況劇場の芝居「ジョン・シルバー新宿恋しや夜鳴篇」に女形として出演する。
渋谷東急本店開店キャンペーンのためにディスプレイ用人形を作り、それは「前衛マネキン」として雑誌に紹介される。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

:芸術家 人形作家。1944年生まれ。東京都出身。 少年期から『人形』に取りつかれ、20代前半までは舞台装置や展覧会に人形を出展しながら、1973年に初の個展を開催し、1978年にはエコール・ド・シモン(四谷シモン人形学校)を開設、以後も多くの個展を成功させるなど、精力的な活動を行っている。ハンス・ベルメールに影響を受けた球体関節人形の、人間らしさと、ひんやりとした人工的な素材感との独自な融合を見せる作品群は、国内外を問わず多くの人々を惹き付けている。 60年代後半から70年代までは唐十郎の『状況劇場』の女形として舞台に立ち、また80年代から90年代にかけては久世光彦演出のTBS向田邦子新春スペシャルに出演するなど、役者としての顔も持つ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 人形
  • コシノジュンコ
  • シモン
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ニーナ
  • 作品
  • 写真
  • 制作
  • 映画
  • 東京都
  • 渡辺兼人
  • 編纂
  • 著作
  • 金子國義
  • ぬいぐるみ
  • アルバイト
  • ジャズ
  • プッペ
  • 中学
  • 作家
  • 俊美
  • 俊郎
  • 内弟子
  • 出入り
  • 出身
  • 卒業
  • 喫茶
  • 坂内
  • 少年
  • 川崎
  • 師事
  • 新宿
  • 歌手
  • 水上
  • 私淑
  • 雄次