生年月日データベース

石岡瑛子いしおかえいこ

アートディレクター[日本]

1939年 7月12日

石岡 瑛子(いしおか えいこ、1938年7月12日 - 2012年1月21日)は、東京都出身のアートディレクター、デザイナー。
妹は同じくアートディレクター、イラストレイターの石岡怜子。
東京芸術大学美術学部卒業後、資生堂入社。
グラフィックデザイナー、アートディレクターとして活動した後に独立し、パルコや角川書店などの広告で1970年代の日本で活躍。
1980年代からは活動拠点をニューヨークに移し、メディアに限定されない分野で国際的に活動した。
映画や演劇においては、セットデザインと衣装デザインの両方を手がけるが、衣装担当のみの作品も少なくない。
主な受賞歴に、アカデミー衣裳デザイン賞、マイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』のジャケットのデザインでグラミー賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、カンヌ国際映画祭芸術貢献賞など多数。
2002年には、紫綬褒章を受章。
ジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラらとは交流が深い。
2008年の北京オリンピックの開会式では衣装デザインを担当した。
2012年1月21日、膵臓がんのために死去。

■ 関連書籍

いしおかえいこ [生]1938.7.12.東京[没]2012.1.21.東京デザイナー。見る者を圧倒する官能的なデザインによって演劇,映画,広告の世界で称賛を集めた。1961年に化粧品会社資生堂に入社し宣伝部に配属された。1970年代初めに独立し,ファッションビル「パルコ」の前衛的なキャンペーンで注目を集めた。1985年に映画『MISHIMA』の美術デザインが評価されてカンヌ国際映画祭の最優秀芸術貢献賞,1993年には映画『ドラキュラ』BramStoker'sDracula(1992)の衣装デザインでアカデミー賞を受賞した。また,1986年にはマイルス・デービスのアルバム『TUTU』のパッケージ・デザインでグラミー賞を獲得,1988年にはブロードウェー演劇『M.バタフライ』M.Butterflyのセットおよび衣装デザインでトニー賞にノミネートされた(→ブロードウェー)。さらに,ミュージカル『スパイダーマン』Spiderman:TurnOfftheDark(2011初演)やシルク・ドゥ・ソレイユの公演『ヴァレカイ』Verekai(2002)の衣装もデザインし,2008年の北京オリンピック競技大会では開会式の衣装デザイン監督を務めた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • アート
  • ディレクター
  • イラストレーター
  • グラフィック
  • デザイナー
  • デザイン
  • 作品
  • 受賞歴
  • 怜子
  • 映画
  • 石岡
  • 舞台
  • 著書
  • 論文
  • アカデミー
  • 会員
  • 協会
  • 映画芸術
  • 科学
  • 米国