生年月日データベース

小野田嘉幹おのだよしき

映画監督[日本]

1925年 7月12日

小野田 嘉幹(おのだ よしき、1925年7月12日 - )は、日本の映画監督、脚本家である。
弟は俳優の平田昭彦、妹は女優の音羽美子、妻は女優の三ツ矢歌子である。
人物・来歴 1925年(大正14年)7月12日、東京府東京市(現在の東京都)に「小野田正彦」として生まれる。
誕生後に朝鮮(現在の大韓民国)に渡り、2年後の1927年(昭和2年)12月16日には京城府(現在のソウル特別市)で弟の昭彦が生まれている。
さらに5年後の1932年(昭和7年)7月6日には妹の和子(のちの音羽美子)が生まれている。
東海科学専門学校(現東海大学)卒業後、1947年(昭和22年)に新東宝助監督部に入社した。
本名の「小野田正彦」で、黒澤明、稲垣浩、並木鏡太郎、冬島泰三らの作品で助監督を務め、1958年(昭和33年)、富士映画製作、若山富三郎主演の『楠公二代誠忠録』で監督としてデビュー、同年、現在の「小野田嘉幹」に改名し、『人喰海女』で再デビューした。

■ 映像作品

連想語句
  • 映画
  • 東京
  • 現在
  • グラフィ
  • テレビ
  • ビブリオ
  • フィルモグラフィ
  • 三ツ矢歌子
  • 城府
  • 大韓民国
  • 女優
  • 平田昭彦
  • 朝鮮
  • 東京都
  • 東宝
  • 音羽美子
  • ソウ
  • ソウル
  • 大正
  • 小野田
  • 日本
  • 昭和
  • 時代
  • 正彦
  • 特別市
  • 統治
  • 誕生