誕生日データベース

石井隆

脚本家映画監督[日本]

1946年 7月11日

石井 隆(いしい たかし、1946年7月11日 - )は、日本の漫画家、脚本家、映画監督。
宮城県仙台市出身。
早稲田大学商学部卒業。
本名・石井秀紀。
早稲田大学では「映画研究会」に所属。
在学中からライターとして生活を支える。
卒業後の1970年、『事件劇画』誌で出木英紀のペンネームで劇画漫画家としてデビュー。
1975年頃より主に「ヤングコミック」誌等で執筆する。
自作『天使のはらわた』(1977年)が大ヒットし、1978年から日活ロマンポルノにてシリーズ映画化される。
シリーズ第2作目にて自ら脚本を手がけることとなり、脚本家としてもデビューする。
1970年代後半に巻き起こった扇情的な劇画ブームの中では、メランコリックな展開と読者を圧倒するタナトスを映画的構図と緻密な描画を駆使して導入、一貫して心魂を傾け続けた作品群により多くの作家と一線を画して脚光をあびた。
その後も、数々の劇画原作・脚本を手がけ、1988年に『天使のはらわた 赤い眩暈』で監督としてもデビューする。
監督する映画に同じ俳優が幾度も出演する傾向があり、著名な俳優としては竹中直人や椎名桔平、女優では大竹しのぶや余貴美子などが複数作品に出演している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 脚本
  • 監督
  • 作品
  • 宮城県
  • 映画
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • ミュージック
  • メイキング
  • 仙台
  • 仙台市
  • 原作
  • 受賞歴
  • 商学部
  • 学校
  • 早稲田大学
  • 映像
  • 概要
  • 構成
  • 演出
  • 短編
  • 高等
  • 出身
  • 卒業
  • 本名
  • 石井
  • 秀紀