誕生日データベース

宮本征勝

男子サッカー選手、監督[日本]

宮本 征勝(みやもと まさかつ、1938年7月4日 - 2002年5月7日)は、茨城県日立市出身のサッカー選手、サッカー指導者。
選手時代のポジションはディフェンダー。
サッカー日本代表として44試合に出場し、1968年のメキシコシティオリンピックで銅メダルを獲得した。
茨城県立日立第一高等学校でサッカーを始め、1956年の第35回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝し、得点王および最優秀選手に選出された。
1957年、早稲田大学第二商学部に入学。
在学中は早稲田大学ア式蹴球部に所属し、在学中の1958年にサッカー日本代表に選出され、同年12月の香港代表戦で初出場した。
大学卒業後、1961年から長沼健や大学の先輩・八重樫茂生ら代表選手の揃った古河電気工業サッカー部(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)に入団した。
1959年のムルデカ大会から1972年のミュンヘンオリンピック予選まで日本代表として活躍。
国際Aマッチ44試合に出場し1得点。
その強靱な体力と背番号から、当時の人気漫画のヒーローになぞらえて「エイトマン」のニックネームで呼ばれた。

■ 関連書籍

タイトル
サッカーに魅せられた男 宮本征勝
著者
加藤栄二
発売元
三一書房
発売日
1997-04-01
新品価格
¥ 1,836 より
中古商品
¥ 37 より
連想語句
サッカー代表成績出場オリンピッククラブディフェンダーメキシコシティ個人出典大会所属指導日本監督著書試合選手関連ポジション得点指導者時代点数獲得競技銅メダル

↑ PAGE TOP