誕生日データベース

張本勲はりもといさお

プロ野球選手、解説者[韓国]

(本名・張勲、近年は不見識な発言を繰り返し批判を浴びている)

1940年 6月19日

張本勲 - ウィキペディアより引用

張本 勲(はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。
在日韓国人二世であり、本名は張 勲(読みがな:チャン・フン、ハングル:장훈)。
日本プロ野球史上唯一の3000本安打を達成した。
500本塁打300盗塁を達成した日本で唯一の選手でもある。
愛称は「ハリさん」「張さん」、あるいは「ハリ」、「ハリやん」。
生い立ち 両親は韓国慶尚南道昌寧郡大合面出身。
母親は身重のまま、3人の子を連れて当時日本領だった朝鮮から海を越えて内地に渡り、広島で勲を生んだ。
一家は六畳一間のトタン屋根のバラックに住んだ。
4歳の冬、土手でとんどを囲んでいた際に、急にバックしてきたトラックを避けようとしたところバランスを崩し、とんどに右半身から飛び込む形になり、右手の親指、ひとさし指、中指以外の自由を失う大火傷を負う。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手・解説者。 通称「安打製造機」「アジアの張本」「張さん*1」。 左投左打、ポジションは外野手。背番号は10番。 1940年6月19日生まれ、広島県広島市南区大洲出身。 在日韓国人二世。本名「張勲」。母の言葉により、現在も韓国籍のままである。 浪華商業高校*2から1959年、東映フライヤーズに入団。 打撃コーチ松木謙治郎の「打率も残せ、本塁打も打て、盗塁もできる完璧な打者」を目指す指導のもと、猛練習を積む。 扇打法を極め、入団1年目から2桁本塁打を放ち新人王を受賞。2年目には打率3割を記録。 3年目の1961年、打率.336での初の受賞を皮切りに、通算7度の首位打者に輝く。*3 土橋正幸、尾崎行雄、毒島章一らと共にチームを支え、日本一に貢献。 1970年には打率.383、本塁打34本、100打点という充実ぶりを見せた。 1972年、2000本安打達成。 日拓ホームフライヤーズ、日本ハム・ファイターズと球団が変わっても活躍。 1976年、高橋一三、富田勝らとの1対3での交換トレードで、読売ジャイアンツに移籍。 1976年、1977年と高打率を残すもタイトルにはあと一歩届かなかった。 1980年、ロッテオリオンズに移籍。同年、プロ野球史上初となる通算3000本安打達成。 1981年、現役引退。TBS野球解説者となる。 実働22年、2752試合、打率.319、3085安打、504本塁打、319盗塁。*4 1982年、韓国プロ野球(KBO)発足に伴い、特別補佐官に就任。日韓プロ野球の掛け橋となる。*5 1990年、野球殿堂入り。 1994年、日本のプロスポーツ選手として初めて、韓国スポーツ文化勲章を授与される。 2005年、プロ野球有識者会議?に …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 大韓民国
  • 広島市
  • 広島県
  • いさお
  • はりもと
  • ジャンル
  • センチメートル
  • チャン
  • フン
  • プロ
  • 出生地
  • 国籍
  • 張本
  • 本名
  • 生年月日
  • 韓国