誕生日データベース

仲みどり

女優[日本]

1909年 6月19日

仲みどり - ウィキペディアより引用
仲 みどり(なか みどり、明治42年(1909年)6月19日 - 昭和20年(1945年)8月24日)は、昭和時代の新劇女優。
太平洋戦争中、移動演劇桜隊に所属し公演先の広島県広島市で原爆投下の被害を受けた。
医学的に認定された原爆という核兵器による攻撃の被害を受けた人類史上初の原爆症患者としても知られる。
来歴・人物 東京府東京市日本橋区区本町(現・東京都中央区日本橋本町)の塗料問屋で近衛騎兵中尉・仲万次郎の三女として生まれる。
仏英和高女(現・学校法人白百合学園)に進学するが中退。
大阪のウヰルミナ女学校(現・学校法人大阪女学院)を卒業後、浅草の剣劇団「明石潮一座」を経て昭和6年(1931年)、築地小劇場内に設立されたプロット(プロレタリア演劇同盟)研究所に入所。
同年劇団東京左翼劇場(のちに東京中央劇場)で新劇女優として初舞台に立つ。
東京中央劇場が新協劇団に吸収される形で解散した後は、映画出演、喫茶店の経営、陸軍戦地慰問団への参加などを転々とし、昭和17年(1942年)、丸山定夫らの立ち上げた苦楽座に参加する。

■ 関連書籍

連想語句
  • 原爆
  • 日本橋
  • 東京
  • 桜隊
  • 広島市
  • 本町
  • 東京都
  • 中央区
  • 太平洋
  • 広島県
  • 戦争
  • 投下
  • 新劇
  • 映画
  • 核兵器
  • 被害
  • 認定
  • 遭難
  • 関連
  • ソース
  • 万次郎
  • 三女
  • 中尉
  • 人類
  • 公演
  • 原子爆弾
  • 史上初
  • 塗料
  • 女優
  • 患者
  • 所属
  • 攻撃
  • 演劇
  • 移動
  • 英和
  • 近衛
  • 騎兵