生年月日データベース

須藤豊

プロ野球選手、監督[日本]

1937年 4月21日

須藤 豊(すどう ゆたか、1937年4月21日 - )は、高知県安芸郡安芸町出身の元プロ野球選手(内野手)・監督。
現在は野球解説者。
現役時代は毎日・大毎、巨人で活躍し、引退後は巨人・大洋・西武のコーチ・二軍監督・監督を歴任した。
プロ入りまで 高知商業では2年生の時、遊撃手として片田謙二、小谷信雄のバッテリーを擁し1954年春夏の甲子園に出場。
春の選抜では準々決勝に進むが、この大会に優勝した飯田長姫高の「小さな大投手」光沢毅に抑えられ惜敗。
夏の選手権は準々決勝で榎本喜八らのいた早稲田実を接戦で降すが、準決勝では松浦三千男、興津達男のいた静岡商に逆転負けを喫する。
同年の北海道国体では、決勝で片田が新宮高の前岡勤也に投げ勝ち優勝を飾った。
チームメートの片田、小谷、中堅手の門田良三はいずれも広島カープ入り。
翌1955年夏は南四国大会決勝で城東高に敗れ、甲子園出場を逸する。
現役時代 1956年、毎日オリオンズ(1958年、大映ユニオンズと合併し大毎オリオンズとなる)に入団。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手・指導者・解説者。 右投右打、ポジションは内野手。背番号は31→30番。 1937年4月21日生まれ。高知県出身。 高知商業高校?で1954年、春夏連続で甲子園に出場。 1956年、毎日オリオンズに入団。 1年目より遊撃手として活躍。ミサイル打線の下位を担った。 1962年、読売ジャイアンツに移籍。 1968年の現役引退後、守備コーチを経て、ヘッドコーチとなるが、1975年、最下位の責任をとる形で退団。 1976年より、川口市の鉄工所で4年間勤務。 1980年、横浜大洋ホエールズの二軍監督に就任。 1983年、読売ジャイアンツコーチに復帰。 1986年、二軍監督に就任し、イースタンリーグV4を達成。 若手育成の手腕を買われ1990年、古葉竹識の後任として横浜大洋ホエールズの監督に抜擢される。 1989年のドラフトでは佐々木主浩*1を指名。 1990年は6年ぶりのAクラス(64勝66敗で3位)、1991年5位(ただし64勝66敗)と健闘するが、 1991年12月25日、同じ高知商業高校出身ということで重用していた*2中山裕章投手が逮捕された。 この事件が歯車を狂わせ、翌1992年は開幕早々最下位に低迷。 同年、5月2日、休養を理由に監督を辞任、江尻亮ヘッドコーチが監督に就任した。 実質2年の在任中にチームは勝率5割を狙えるチームに成長。 1998年の優勝への種を蒔いた時期でもあった。 1993年、読売ジャイアンツのヘッドコーチに復帰。 2000年、西武ライオンズのヘッドコーチに就任。 退団後はズームイン!!SUPER、 ズームイン!!サタデーのコメンテーター。 2004年は読売ジャイアンツにヘッドコーチとして復帰。 現在はRFラジオ日本の野球解説者 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 監督
  • 年度
  • 成績
  • 解説者
  • 高知県
  • プロ野球
  • 現役
  • プロ
  • 内野手
  • 安芸
  • 安芸郡
  • 巨人
  • 打撃
  • 指導者
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • すどう
  • コーチ
  • ベイスターズ
  • 二軍
  • 出身
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 大毎
  • 大洋
  • 引退
  • 横浜
  • 歴任
  • 毎日
  • 活躍
  • 現在
  • 背番号
  • 西武
  • 読売ジャイアンツ
  • 須藤