誕生日データベース

松井康成まついこうせい

陶芸家[日本]

1927年 5月20日

2003年 4月11日 死去急性呼吸不全享年77歳

松井 康成(まつい こうせい、1927年(昭和2年)5月20日 - 2003年(平成15年)4月11日)は、日本の陶芸家。
国の重要無形文化財「練上手(ねりあげで)」保持者(人間国宝)。
本名、美明。
練上手という技法を集大成し、伝統技術を基盤にした現代の個性豊かな陶芸のあり方を提示した。
長野県北佐久郡本牧村(現:佐久市)生まれ。
戦時中に茨城県笠間町(現:笠間市)に疎開する。
旧制神奈川県立平塚工業学校、明治大学文学部文学科卒業。
1957年(昭和32年) 浄土宗月宗寺第23世住職となる。
1969年(昭和44年) 第9回伝統工芸新作展で「練上手大鉢」が奨励賞受賞。
第16回伝統工芸展初入選 1973年(昭和48年) 第2回日本陶芸展で、「練上線文鉢」が最優秀作品賞の秩父宮賜杯受賞 1988年(昭和63年) 紫綬褒章受章 1990年(平成2年) 日本陶磁協会賞金賞受賞 1993年(平成5年) 4月15日重要無形文化財保持者に認定 2003年(平成15年) 茨城県笠間市にて死去 代表作 練上嘯裂文大壺「風船」1981年 茨城県陶芸美術館蔵 三層象裂瓷壺「岳」1978年 茨城県陶芸美術館蔵 練上玻璃光大壺 1999年 東京国立近代美術館蔵 外部リンク ==。
連想語句
上手伝統昭和略歴ページ人間国宝佐久市北佐久郡大学存在学校工芸平塚文化財文学部明治無形県立神奈川笠間市編集茨城県重要長野県陶芸陶芸家あり方リンク代表作住職保持者個性初入選卒業参考受賞基盤外部大鉢奨励宗寺工業工業高戦時技法技術提示文学科文献新作旧制本名本牧町浄土宗牧村現代疎開目次笠間町美明集大成

↑ PAGE TOP