生年月日データベース

上坂太一郎かみさかたいちろう

プロ野球選手[日本]

1977年 4月14日

上坂 太一郎(かみさか たいちろう、1977年4月14日 - )は、愛知県名古屋市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
来歴・人物 プロ入り前 享栄高では主将で夏の甲子園に出場。
社会人野球の王子製紙春日井では5番打者として活躍し、都市対抗出場。
1999年のドラフト5位で阪神タイガースに入団。
当時は外野手としての登録で、スポーツ紙に「曽我部二世」と評された。
プロ入り後 1年目の2000年9月13日の対巨人戦に1番・レフトでスタメン出場し、プロ初安打を含む猛打賞、さらには二盗・三盗を連続で決めデビューを飾った。
特に連続盗塁については、当時の野村克也監督が「阪神に来て、初めて野球をした気分だ」というコメントを残している。
この日の相手先発がダレル・メイだったため、以後メイや左投手が先発のときは坪井智哉を外して上坂をスタメンで起用する光景がしばしば見られた。
秋季キャンプでは和田豊の後釜に据えられ、セカンドの練習及びスイッチヒッター挑戦に励んだ。
2年目の2001年にはF1セブンの一員として89試合に出場。

元プロ野球選手。阪神タイガース内野手。背番号43。 1977年4月14日生。愛知県名古屋市守山区出身。175cm71kg。右投右打。 享栄高校→王子製紙春日井→阪神タイガース(1999年ドラフト5巡目) 1年目の2000年後半に俊足をいかした鮮烈な1軍デビューを果たすと、その年のオフに左打ちにも挑戦。このことから野村監督から「トラの金城」と呼ばれ期待されるも両打ちは諦める。 F1セブンにも選ばれしばらくの間は赤星との併用が続いていたが途中からセカンドに固定して晴れてレギュラーとなり、野村監督の誕生日をサヨナラホームランで飾ったり、怪我から復帰1打席目にホームランを打ったりと活躍したが、翌年片岡篤史がFAで入団したことによりサードを守っていた今岡誠がセカンドを守り弾き飛ばされる形でベンチウォーマーに甘んじる。 2004年キャンプ前に何度にも渡るスピード違反を犯していたことが発覚し謹慎処分になり法の裁きを待つ。そして、裁判で懲役6ヶ月執行猶予2年の判決が下り、1軍試合出場が許可される。風当たりが強い中2軍で好成績を残し1軍復帰を果たした。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ
  • 年度
  • 成績
  • プロ野球
  • 内野手
  • 名古屋市
  • 外野手
  • 守備
  • 愛知県
  • 打撃
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • かみさか
  • たいちろう
  • 上坂
  • 出身
  • 太一郎