誕生日データベース

藤王康晴ふじおうやすはる

プロ野球選手[日本]

藤王 康晴(ふじおう やすはる、1965年4月13日 - )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手(内野手)。
来歴・人物 一宮市立大和中学校卒業後、愛知・享栄高校のスラッガーとして1年秋から一塁手、四番打者として活躍。
1982年夏の甲子園県予選決勝に進出するが、中京高のエース野中徹博に抑えられ敗退。
翌1983年の春の選抜に出場、平田幸夫(中大-河合楽器)の好投もあり準々決勝に進むが、東海大一高に延長10回サヨナラ負け。
しかし大会記録の11打席連続出塁をマークした。
同年夏は県予選決勝でまたも中京高の野中の前に敗退、夏の甲子園には届かなかった。
高校通算49本塁打を記録する。
1983年のドラフト会議で地元の中日ドラゴンズ第1位指名で入団。
左打ちの長距離ヒッターとして期待され、入団時には高木守道が引退後、選手としては着ける者がいなかった背番号「1」を与えられた。
1984年には高卒ルーキーながら夏に一軍昇格を果たし、代打起用中心で優勝を争う試合で活躍した。
1986年には三塁手として18試合に先発出場。
しかし打率低迷もあってレギュラー争いに加われず、1988年には同期入団の山本昌らと共に業務提携していたロサンゼルス・ドジャース傘下のマイナーに留学。
連想語句
学校高等プロ野球一塁手一宮一宮市中学校内野手大和市立年度愛知愛知県成績打撃背番号記録詳細選手関連ふじおうやすはるエースラッガー中京中京大学享栄享栄高校全国出身卒業大会康晴打者決勝活躍甲子園県予選藤王進出選手権野球附属中

↑ PAGE TOP