誕生日データベース

岡崎久彦おかざきひさひこ

外交官[日本(中国)]

1930年 4月8日

岡崎 久彦(おかざき ひさひこ、1930年4月8日 - 2014年10月26日)は、日本の元外交官、評論家。
サウジアラビアとタイ王国で特命全権大使を歴任し、また外務省で情報調査局長を務めた元外交官である。
祖父の岡崎邦輔は、陸奥宗光の従弟にあたる。
関東州・大連生まれ。
府立高等学校を経て、東京大学法学部在学中に外交官試験に合格し、外務省へ入省。
八木秀次によれば、岡崎は卒業証書は小学校のものしか持っておらず、その後は大学まですべて「飛び級」だったという。
岡崎邦輔は祖父。
外務省ではケンブリッジ大学での英語研修を皮切りに、在外で在フィリピン大使館、在フランス大使館、在米国大使館、在韓国大使館に駐在し、本省では国際連合局に勤務する。
課長就任後は、調査企画部の分析課長、調査課長、調査室長、さらに調査企画部長、情報調査局長と、情報部門の幹部を歴任する。
駐タイ大使を経て1992年に退官。
外交評論家として活動する。
外務省在職中から執筆活動を行い、外務省の論客として知られた。
1977年、『隣の国で考えたこと』(ペンネーム:長坂覚)で日本エッセイストクラブ賞受賞。

■ 関連書籍

元駐タイ大使、外交評論家。1930年4月8日、中国・大連生まれ。52年、東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、同大学を中退し外務省に入省する。55年、ケンブリッジ大学経済学部学士及び修士課程を修了。78年、防衛庁国際関係担当参事官に就任し、84年に初代外務省情報調査局長となる。83年には『戦略的思考とは何か』(中央公論新社)を刊行し、20万部のベストセラーとなった。88年、駐タイ大使に就任。92年に外務省を退官し、2002年、特定非営利活動法人岡崎研究所を設立、所長となる。保守・現実派の外交評論家として活躍し、14年5月には、安倍晋三首相の有識者懇談会のメンバーとして集団的自衛権の限定行使容認を提言する報告書をまとめるなど、安倍首相のブレーンとしても知られた。14年10月26日、死去。享年84。 (2014-10-30) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 歴史
  • サウジアラビア
  • タイ
  • メモ
  • 全権大使
  • 単著
  • 同期
  • 外交官
  • 外務省
  • 学歴
  • 富田
  • 岡崎邦輔
  • 役職
  • 慰安婦
  • 教科書
  • 日本
  • 特命
  • 王国
  • 職歴
  • 著書
  • 評論家
  • 認識
  • 語録
  • 退官
  • 遊就館
  • 陸奥宗光
  • 靖国神社
  • 共著
  • 局長
  • 従兄弟
  • 従弟
  • 歴任
  • 祖父
  • 調査