生年月日データベース

出久根達郎でくねたつろう

作家[日本]

1944年 3月31日 生 (満74歳)

出久根 達郎(でくね たつろう、1944年3月31日 - ) は日本の小説家、随筆家。
茨城県行方郡北浦町(現:行方市)生まれ。
中学卒業後集団就職で上京し、月島の古書店に勤める。
1973年独立し、杉並区で古書店「芳雅堂」を営む。
そのかたわらで作家デビュー。
1990年「無明の蝶」「猫じゃ猫じゃ」「四人め」「とろろ」で直木賞候補。
1992年に『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞。
1993年に『佃島ふたり書房』で第108回直木賞。
読売新聞「人生案内」の回答者の一人である。
2015年、『短篇集 半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
著書 『古本綺譚』新泉社 1985 のち中公文庫、平凡社ライブラリー 『古書彷徨』新泉社 1987 のち中公文庫  『猫の縁談』中央公論社 1989 のち文庫 『古書法楽』新泉社 1990 のち中公文庫  『無明の蝶』講談社 1990 のち文庫  『本のお口よごしですが』講談社 1991 のち文庫  『漱石を売る』文芸春秋 1992 のち文庫  『佃島ふたり書房』講談社 1992 のち文庫  『あったとさ』文芸春秋 1993 のち文庫 『人さまの迷惑』講談社 1993 のち文庫  『むほん物語』中央公論社 1993 のち文庫 『あなたのお耳に』講談社 1994 「踊るひと」文庫  『落し宿』中央公論社 1994 『思い出そっくり』文芸春秋 1994 のち文庫  『四十きょろきょろ』中央公論社 1995 のち文庫 『面一本』講談社 1995 のち文庫  『笑い絵』文芸春秋 1995 のち文庫 『朝茶と一冊』リブリオ出版 1996 のち文春文庫 『お楽しみ』新潮社 1996 『たとえばの楽しみ』講談社 1996 のち文庫 『波のり舟の 佃島渡波風秘帖』文芸春秋 1996 のち文庫 『逢わばや見ばや』講談社 1997 のち文庫 『恋文の香り』文芸春秋 1997 『残りのひとくち』中央公論社 1997 『 ……

■ 関連書籍

連想語句
  • 茨城県
  • 直木賞
  • エッセイ
  • 北浦町
  • 古書店
  • 大臣
  • 就職
  • 文部
  • 月島
  • 杉並区
  • 科学
  • 編著
  • 芸術
  • 著書
  • 行方市
  • 行方郡
  • 読売新聞
  • 講談社
  • 選奨
  • 集団
  • かたわら
  • とろろ
  • ふたり
  • デビュー
  • 一人
  • 上京
  • 中学
  • 人生
  • 佃島
  • 作家
  • 候補
  • 半分
  • 卒業
  • 受賞
  • 回答者
  • 書房
  • 案内
  • 無明
  • 独立
  • 短篇
  • 雅堂