生年月日データベース

丸田祐三

将棋棋士[日本]

1919年 3月30日

丸田祐三 - ウィキペディアより引用

丸田 祐三(まるた ゆうぞう、1919年3月30日 - 2015年2月17日)は、将棋棋士。
九段。
日本将棋連盟会長(1969年5月-1973年5月)。
棋士番号43。
平野信助七段門下。
長野県長野市生まれ、東京都育ち。
東京保善商業学校中退。
奨励会時代に太平洋戦争に召集され、陸軍の衛生兵としてヤップ島で終戦を迎えた。
最後の戦中派棋士である。
復員後は特例で四段に昇段し、戦後の混乱期とはいえ四段から二年で八段というスピード昇段記録を持っている。
歩の使い手であることから「小太刀の名手」と呼ばれた。
1961年の名人戦などタイトル戦登場4回、棋戦優勝10回、A級は通算24年。
1973年に九段昇段規定が緩和された際に最初に昇段した四人のうちの一人である。
他の三人は中原誠・二上達也・加藤一二三。
日本将棋連盟の理事を長年務めた。
経理に明るく、連盟の給与体系を作り、また順位戦制度の整備をして現在の形にしたとされる。
順位戦の所属リーグと連動して基本給が決まり、段位・タイトル・年功などの実績による上乗せ・休場や不振による減給の緩和措置などを加味して実際の給与や対局料が決まった。

■ 関連書籍

まるた-ゆうぞう 1919-2015昭和時代の将棋棋士。大正8年3月30日生まれ。昭和11年平野信助に入門。約6年間の軍隊生活のあと,21年4段で順位戦に参加。22年3段跳びで7段。48年9段。26年の第1回王将決定戦で木村義雄に敗れる。歩を巧みに使い「小太刀の名手」とよばれた。A級通算24年。最年長記録の77歳まで現役をとおし,平成8年引退。日本将棋連盟の理事,会長がながく,「連盟の生き字引」といわれた。平成27年2月17日死去。95歳。長野県出身。保善商業中退。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 将棋
  • 連盟
  • 棋士
  • タイトル戦
  • 優勝
  • 出典
  • 大賞
  • 履歴
  • 平野信助
  • 成績
  • 日本
  • 昇段
  • 棋戦
  • 棋風
  • 注釈
  • 理事
  • 登場
  • 著書
  • 表彰
  • 記録
  • 長野市
  • 長野県
  • 関連
  • 会長
  • 出身
  • 番号
  • 門下