誕生日データベース

青井忠治

丸井 創業者[日本]

1904年 3月30日

青井 忠治(あおい ちゅうじ、1904年(明治37年)3月30日 - 1975年(昭和50年)8月18日)は、日本の実業家。
丸井の創業者。
丸井グループ名誉会長青井忠雄は長男。
NHKアナウンサー青井実は孫。
生家は富山県小杉の旧家の分家で、一人息子として生まれる。
1歳の時に父の事業破綻により母と引き離され、2歳ではしかのため左眼を失明。
10歳で他家に嫁した母を、11歳で結核を病んで床に臥していた父を失う。
1922年(大正11年)富山県立工芸学校(現在の高岡工芸高校)を卒業して上京、月賦販売商・丸二商会に入社。
瞬く間に頭角を現し、1924年(大正13年)大塚店長、1925年(大正14年)本店の集金部長、1928年(昭和3年)中野店長、1930年(昭和5年)1月浅草店長、7月九段店長を歴任。
1931年(昭和6年)中野店を譲り受けて独立。
1935年(昭和10年)阿佐ヶ谷に支店を開き、同時に“丸二”の“丸”に“青井”の“井”を合わせて商号を「丸井」に改めた。

■ 関連書籍

「青井忠治」と関連する人物

連想語句
  • 概要
  • 青井
  • はしか
  • アナウンサー
  • グループ
  • 丸井
  • 家族
  • 富山県
  • 年譜
  • 忠雄
  • 旧家
  • 結核
  • 親族
  • 評価
  • 長男
  • 関連
  • 青井実
  • 一人息子
  • 事業
  • 他家
  • 会長
  • 分家
  • 名誉
  • 失明
  • 家制度
  • 小杉
  • 小杉町
  • 左眼
  • 日本放送協会
  • 生家
  • 破綻