誕生日データベース

ジョゼフ・テイラーJoseph Hooton Taylor, Jr.

宇宙物理学者[アメリカ]

1941年 3月29日

ジョゼフ・テイラー - ウィキペディアより引用
ジョゼフ・テイラー(Joseph Hooton Taylor, Jr.、1941年3月29日 - )はアメリカ合衆国の宇宙物理学者である。
1993年、 ラッセル・ハルスと「重力研究の新しい可能性を開いた新型連星パルサーの発見」の功績によりノーベル物理学賞を受賞した。
ハルスと発見した連星パルサーは中性子星が連星を構成し、重力波を放出することにより、エネルギーを失ない公転周期が短くなっていくことを示していると考えられるものである。
アインシュタインの予測した重力波の存在を間接的に証明するものであった。
フィラデルフィアに生まれた。
ハーバード大学で学位をとり、ハーバード大学で研究した後、マサチューセッツ大学の天文学の教授となり 5大学電波天文台(FCRAO: Five College Radio Astronomy Observatory)の副所長となった。
その頃、ケンブリッジ大学のジョスリン・ベルらによっての最初のパルサーが発見された。
テイラーもアメリカ国立電波天文台でパルサーの探索を始め、ケンブリッジ大学以外で最初にパルサーを発見した。
連想語句
  • 大学
  • パルサー
  • 天文台
  • 発見
  • 重力波
  • アインシュタイン
  • エネルギー
  • ハルス
  • ハーバード
  • 中性子
  • 最初
  • 電波
  • アレ
  • ガス
  • ケンブリッジ
  • シボ
  • ジョスリン
  • テイラー
  • ノーベル
  • フィラデルフィア
  • プリンストン
  • ベル
  • マサチューセッツ
  • 予測
  • 公転
  • 周期
  • 天体
  • 放出
  • 物理学賞
  • 証明
  • アメリカ
  • アルベルト
  • バーネル
  • リサイクルドパルサー
  • 功績
  • 受賞
  • 国立
  • 天文学
  • 学位
  • 強力
  • 所長
  • 探索
  • 教授
  • 構成
  • 相対
  • 重力場