生年月日データベース

南原幹雄なんばらみきお

作家[日本]

1938年 3月23日 生 (満80歳)

南原 幹雄(なんばら みきお、1938年3月23日 - )は、日本の小説家。
東京府出身。
本姓・安井。
早稲田大学政治経済学部卒。
作家・南条三郎の子。
1973年に「女絵地獄」で第21回小説現代新人賞を受賞しデビューする。
時代小説を多数執筆している。
1981年に『闇と影の百年戦争』で第2回吉川英治文学新人賞、1997年に『銭五の海』で第17回日本文芸大賞を受賞している。
作品 『いろの罠 大江戸おんな暦』集英社 1975 のち旺文社文庫、徳間文庫、蒼樹社文庫、広済堂文庫    『暗殺者の神話』集英社 1976 のち文庫、富士見書房時代小説文庫、ケイブンシャ文庫  『鴻池一族の野望』集英社 1977 のち文庫、徳間文庫   『新選組情婦伝』立風書房 1977 のち角川文庫、徳間文庫、学研M文庫    『商道の覇者』ダイヤモンド社 1978 のち旺文社文庫、「伊達藩征服」徳間文庫 『源頼朝』子どもの伝記全集 ポプラ社 1978 『修羅の絵師 鳥居清元』講談社 1979 のち文庫、学陽書房人物文庫  『天保悪の華』立風書房 1979 のち角川文庫、蒼樹社文庫   『闇と影の百年戦争』集英社 1980 のち文庫、徳間文庫  『御庭番十七家』新人物往来社 1981 のち角川文庫、徳間文庫   『首一万両』講談社 1981 のち文庫 『廓祝言 心中浮世草紙』青樹社 1981 のち旺文社文庫、徳間文庫   『美女は麝香の匂い』立風書房 1982 『幕末おんな恋歌』集英社 1982 のち文庫、蒼樹社文庫   『にっぽん好色英雄伝』新人物往来社 1983 のち角川文庫  『箱崎別離船』青樹社 1983 「箱崎別れ船」旺文社文庫、徳間文庫、ワンツー時代小説文庫    『疾風来り去る 幕末の豪商中居屋重兵衛』集英社 1983 のち角川文庫、学陽書房人物文庫  『付き馬屋おえん』光風社出版 1983 「女郎蜘蛛の挑戦」双葉文庫、角川文庫  『付き馬屋おえん暗 ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

歴史小説・時代小説作家。1938年、東京生まれ。 早稲田大学政治経済学部卒。 1973年、「女絵地獄」で第21回小説現代新人賞、1981年、『闇と影の百年戦争』で第2回吉川英治文学新人賞、1997年、『銭五の海』で第17回日本文芸大賞を受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 文庫
  • 新人
  • 集英社
  • 作品
  • 日本
  • ケイブンシャ
  • 三郎
  • 世田谷区
  • 南条
  • 受賞
  • 吉川英治
  • 大賞
  • 富士見
  • 小説
  • 小説現代
  • 広済堂
  • 徳間
  • 文学
  • 文芸
  • 日活
  • 早稲田大学
  • 旺文社
  • 時代
  • 書房
  • 青樹
  • いろ
  • おんな
  • クラブ
  • デビュー
  • ペン
  • 企画
  • 会員
  • 作家
  • 入社
  • 出身
  • 地獄
  • 執筆
  • 多数
  • 大江戸
  • 学部卒
  • 安井
  • 幹雄
  • 戦争
  • 政治
  • 日本文芸家協会
  • 暗殺者
  • 本名
  • 神話
  • 経済
  • 蒼樹
  • 退職