生年月日データベース

高森和子たかもりかずこ

女優エッセイスト[日本]

1932年 3月21日 生 (満86歳)

高森 和子(たかもり かずこ、1932年3月21日 - )は、元女優、エッセイスト。
大阪市東住吉区出身。
来歴・人物 1950年、東大谷高等女学校(現・東大谷高等学校)を卒業。
学生時代はバレリーナを目指し友井バレエ団に在籍。
1951年、大映京都撮影所に入り、映画「上州鴉」でデビュー。
1953年、姉がNHKに在籍していたのでNHK大阪放送劇団に入り、正確な大阪弁のしゃべれる女優として大阪制作ドラマの売れっ子となる。
1966年同じ作者(茂木草介)の作品である『横堀川』の主人公の妻役や、1973年、八千草薫ら三姉妹の母親役を演じた『けったいな人びと』などで実年齢よりもかなり高齢の老け役を多く務めた。
同年、同番組の演技により日本放送作家協会女優賞を受賞。
1983年、NHK連続テレビ小説『おしん』で姑役を演じて評判となる。
その演技は「佐賀県のイメージダウンになる」と視聴者からNHK佐賀放送局に抗議の電話が殺到したほどであった(トーク番組に本人が出演し、「あれは演技ですよ」と弁明したこともある)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

女優、エッセイスト 1932年3月21日生まれ。大阪市出身。 1951年に女優デビュー。40年近くにわたり、映画やテレビで活躍。大阪生まれであることから大阪弁をしゃべれる女優として知名度を高めた。 また、実年齢より老け役を演じ、「けったいな人びと」では、八千草薫の母親役を演じた。 1983年放送の「おしん」では姑役を好演。おしんをいじめる姑役を体当たりで演じた。*1 *2 自身も嫁を経験。姑の老いと痴ほうを患ったエッセイ「母の言いぶん」は、テレビドラマ化される。自身は実の姑を演じた。*3 *1:このことについて「おしん」嫁姑戦争の舞台となった佐賀では抗議が殺到 *2:また、本人は町中ににらまれたが、「あれは演技ですよ」とトーク番組で釈明 *3:上記に書いた40年近くとはこのドラマで女優引退作を演じた。これ以降、執筆業で専念してる (引用元 Hatena Keyword)

「高森和子」と関連する人物

連想語句
  • 映画
  • テレビドラマ
  • 大阪
  • 東大谷
  • 高等
  • 上州
  • 京都
  • 作品
  • 出演
  • 劇団
  • 在籍
  • 大映
  • 大阪弁
  • 学校
  • 撮影所
  • 放送
  • 東住吉区
  • 横堀
  • 番組
  • 著書
  • デビュー
  • ドラマ
  • バレエ
  • バレリーナ
  • 主人公
  • 入団
  • 出身
  • 制作
  • 卒業
  • 友井
  • 売れっ子
  • 女優
  • 女学校
  • 学生
  • 時代
  • 正確