生年月日データベース

小杉健治こすぎけんじ

作家[日本]

1947年 3月20日

小杉 健治(こすぎ けんじ、1947年3月20日 - )は、日本の小説家。
日本推理作家協会会員、1993年から1994年まで日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門の選考委員を務めた。
1947年3月20日、東京都墨田区に生まれる。
東京都立葛飾野高等学校を経て、コンピュータ専門学校卒業後、プログラマーとなり18年間勤務。
1982年、「牧原博士、最後の鑑定書」で第21回オール讀物推理小説新人賞候補。
1983年、「原島弁護士の処置」で第22回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家デビュー。
1986年、「赤い証言」で第40回日本推理作家協会 短編および連作短編集部門候補。
1987年、『絆』で第41回日本推理作家協会賞長篇部門受賞。
1988年、『絆』で第98回直木三十五賞候補。
1990年、『土俵を走る殺意』で第11回吉川英治文学新人賞受賞。
作品リスト 現代小説 ※ 注記:■=原島保(弁護士)登場作品、■=水木邦夫(弁護士)登場作品、■=瀬能寿夫(弁護士)登場作品、■=結城静代(弁護士)登場作品、■=矢尋・知坂(刑事)登場作品、■=桐生賢太郎(検事)登場作品 = 1980年代 = 陰の判決■(1985年5月 フタバノベルス / 1989年1月 新潮文庫) 弁護側の秘密■(1985年12月 フタバノベルス / 1987年4月 双葉文庫) 原島弁護士の愛と悲しみ(「原島弁護士の処置」から改題、1986年1月 文藝春秋 / 1989年5月 文春文庫 / 2008年4月 光文社文庫) 収録作品:「原島弁護士の愛と悲しみ■」「赤い記憶」「冬の死」「愛の軌跡」「牧原博士、最後の鑑定書」 二重裁判■(1986年6月 廣済堂ブルーブックス / 1988年4月 天山文庫 / 1991年4月 集英社文庫) 死者の威嚇(1986年6月 講談社 / 1989年7月 講談社文庫) 月村弁護士 逆転法廷(1986年7月 トクマ・ノベルズ / 1989年8月 徳間文庫) 法廷の疑惑■(1986年11月 フタバノ ……

■ 関連書籍

連想語句
  • 作品
  • シリーズ
  • 作家
  • 協会
  • 小説
  • 推理
  • 日本
  • アンソロジー
  • テレビドラマ
  • リスト
  • 出典
  • 映像
  • 時代
  • 現代
  • 短編
  • 会員
  • 委員
  • 連作
  • 選考
  • 部門