生年月日データベース

渡辺喜美わたなべよしみ

政治家[日本]

1952年 3月17日

渡辺喜美 - ウィキペディアより引用

渡辺 喜美(わたなべ よしみ、1952年3月17日 - )は、日本の政治家。
元衆議院議員。
衆議院議員(6期)、内閣府特命担当大臣(規制改革)、内閣府特命担当大臣(金融)、みんなの党代表(初代)を務めた。
父は元衆議院議員で副総理、外務大臣、大蔵大臣、通商産業大臣等を歴任した渡辺美智雄。
来歴・人物 栃木県那須郡西那須野町(現那須塩原市)生まれ。
栃木県立大田原高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
その後中央大学法学部に学士入学し、卒業。
1983年から父・渡辺美智雄の秘書を務める。
のちに美智雄が通商産業大臣、外務大臣に就任した際はそれぞれ政務秘書官に就任。
1995年9月、父・美智雄が死去。
父の地盤を継承し、1996年の第41回衆議院議員総選挙に栃木3区から自由民主党公認で出馬し、初当選した(当選同期に河野太郎・菅義偉・平沢勝栄・大村秀章・河本三郎・桜田義孝・下地幹郎・下村博文・新藤義孝・滝実・棚橋泰文・谷畑孝・田村憲久・戸井田徹・松本純など)。

■ 関連書籍

わたなべ-よしみ 1952-平成時代の政治家。昭和27年3月17日生まれ。元蔵相・外相の父・渡辺美智雄の死去で地盤をつぎ,平成8年衆議院議員に初当選(当選6回)。金融,財政分野でつぎつぎと政策を発表し注目される。18年安倍内閣の内閣府特命担当大臣(規制改革)で初入閣。19年安倍改造内閣,福田康夫内閣でも再任され,金融担当として行政改革および公務員制度改革の特命事項も担当。21年自民党を離党して新党「みんなの党」を立ち上げ,代表となる。26年8億円借り入れ問題で党代表を辞任。同年の総選挙で落選。栃木県出身。早大・中央大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 担当
  • 内閣府
  • 特命
  • 政治
  • 日本
  • 金融
  • みんな
  • 主張
  • 代表
  • 前社長
  • 問題
  • 外務
  • 大蔵
  • 支援
  • 改革
  • 政党
  • 政策
  • 日本郵政
  • 検討
  • 機関
  • 活動
  • 渡辺美智雄
  • 産業
  • 維新
  • 総理
  • 規制
  • 議員
  • 資金
  • 退任
  • 関与
  • 顧問
  • 初代
  • 反応
  • 歴任
  • 経済
  • 衆議院
  • 財務
  • 通商