誕生日データベース

ウラジミール・コマロフVladimir Komarov

宇宙飛行士[ソ連]

1927年 3月16日

ウラジミール・コマロフ - ウィキペディアより引用

ウラジーミル・ミハイロヴィチ・コマロフ(ロシア語:Владимир Михайлович Комаров, ラテン文字転写:Vladimir Mikhaylovich Komarov, 1927年3月16日 - 1967年4月24日)はソビエト連邦の宇宙飛行士。
モスクワ出身。
15歳で初めて飛行機の操縦を経験し大学で航空学を専攻の後に空軍入り。
空軍では戦闘機の技術者やテストパイロットとして従事していた(階級は大佐)が、1960年に最初に選ばれた宇宙飛行士たちの一人となり親友の間柄となるユーリイ・ガガーリンともこの時初めて同僚となる。
コマロフは宇宙飛行士にはなったものの、ボストーク4号の飛行を予備クルーとして支援にまわり、その後ボスホート1号で自ら初めて宇宙飛行を体験した。
その後ソユーズ計画が始まりコマロフもガガーリンと共に計画に携わるが、開発時点から様々な問題点が指摘され現場からは計画の中止を具申する意見まで出たが、ロシア革命50周年の記念すべき年のメーデーでその偉業を世界に示したいソ連当局は半ば見切り発車の形で打ち上げを強行した。

「ウラジミール・コマロフ」と関連する人物

連想語句
  • 宇宙
  • ソユーズ
  • 飛行士
  • コマロフ
  • ガガーリン
  • ソビエト
  • ボストーク
  • 空軍
  • 計画
  • 連邦
  • ボスホート
  • メーデー
  • ユーリイ
  • ロシア革命
  • 一人
  • 大気圏
  • 当局
  • 戦闘機
  • 指摘
  • 突入
  • 飛行
  • それら
  • クルー
  • ソ連
  • テスト
  • トラブル
  • パイロット
  • モスクワ
  • 世界
  • 中止
  • 予備
  • 事前
  • 体験
  • 偉業
  • 具申
  • 出身
  • 半ば
  • 同僚
  • 問題点
  • 大佐
  • 大学
  • 対処
  • 専攻
  • 強行
  • 従事
  • 意見
  • 技術者
  • 押し問答
  • 搭乗
  • 操縦
  • 支援
  • 時点
  • 最初
  • 様々
  • 欠陥
  • 決定
  • 現場
  • 空間
  • 管制
  • 経験
  • 航空
  • 見切り発車
  • 親友
  • 記念
  • 開発
  • 間柄
  • 階級
  • 露呈
  • 飛行機