誕生日データベース

鳳啓助おおとりけいすけ

漫才師[日本]

1923年 3月16日

1994年 8月8日 死去享年72歳

鳳 啓助(おおとり けいすけ、本名:小田 啓三、1923年3月16日 - 1994年8月8日)は、日本の俳優・漫才師。
大阪府大阪市出身。
来歴・人物 父は剣戟俳優の梅林良雄で3歳の時に祖父の劇団で子役デビュー、1956年に京唄子とコンビ「唄子・啓助」を結成。
お馴染みの挨拶である「エーッ、鳳啓助でございます」や「ポテチン」、「あら、言いそこ間違いよ」、「君の事は忘れようにも思いだせない」などのギャグで人気を博した。
その後、2度の結婚、「志織慶太」の名で脚本家としても活動。
漫才師の活動以外では、俳優として多数の映画に出演。
テレビでは『お笑いスター誕生!!』に審査員として出演。
1994年8月8日、上顎洞癌のリンパ節転移により死去。
71歳没。
1991年にがんが見つかり、医師から手術を勧められるが「顔を切らないと手術が出来ない」との説明に対して、「顔は芸人の看板」と主張、民間療法、自然療法などに頼り、一切の延命治療を拒否した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸人、漫才師、脚本家(「志織慶太」名で)。 1923年(大正12年)3月16日、生まれ。1994年(平成6年)8月8日、死去。 京唄子と漫才コンビを結成、離婚後も漫才を続け、さらに唄啓劇団を旗揚げする。 しかし、1987年(昭和62年)に劇団は解散。 1994年(平成6年)、リンパ腺の癌のため死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • エピソード
  • テレビ
  • レコード
  • 俳優
  • 出演
  • 剣戟
  • 受賞
  • 大阪市
  • 大阪府
  • 孫弟子
  • 弟子
  • 映画
  • 書籍
  • 梅林
  • 漫才
  • 直弟子
  • 良雄
  • 出身
  • 祖父