誕生日データベース

李良枝いやんじ

作家[韓国→日本]

1992年 5月22日 死去享年38歳
李 良枝(イ・ヤンジ、이양지、1955年(昭和30年)3月15日 - 1992年(平成4年)5月22日)は、在日韓国人二世の小説家。
帰化後の本名は田中淑枝。
生涯 山梨県南都留郡西桂町生まれ。
小学生のときに両親が日本国籍を取得したので、同時に彼女も国籍は日本となった。
山梨県富士吉田市下吉田の山梨県立吉田高等学校から1973年(昭和48年)に京都府立鴨沂高等学校に編入する。
1975年(昭和50年)に早稲田大学社会科学部に入学するが、1学期で中退する。
1980年(昭和55年)5月にははじめて大韓民国を訪れ、以後は韓国への往来を繰り返し、巫俗舞踊(ムソク)や伽耶琴(カヤグム)、語り歌(パンソリ)などの影響を受ける。
1982年(昭和57年)にはソウル大学校国語国文学科へ入学し、留学中に書き上げた「ナビ・タリョン(나비타령)」を『群像』に発表し、第88回芥川賞候補となる。
また、「かずきめ」(1983年)、「刻」(1984年)もそれぞれ候補作となる。
1988年(昭和63年)にはソウル大学を卒業する。
卒業論文のテーマは「パリコンジュ(捨て姫)とつながりの世界」。

■ 関連映像作品

■ 関連書籍

タイトル
由煕 ナビ・タリョン (講談社文芸文庫)
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1997-09-10
新品価格
¥ 1,512 より
中古商品
¥ 1,035 より
タイトル
由煕(ユヒ)
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1989-02-10
新品価格
より
中古商品
¥ 30 より
タイトル
李良枝全集
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1993-05
新品価格
より
中古商品
¥ 3,382 より
タイトル
刻 (講談社文芸文庫)
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
2010-05-10
新品価格
より
中古商品
¥ 1,150 より
タイトル
刻(コク)
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1985-02
新品価格
より
中古商品
¥ 1,188 より
タイトル
在日文学全集〈第8巻〉李良枝
著者
李良枝
発売元
勉誠出版
発売日
2006-06
新品価格
より
中古商品
¥ 25,000 より
タイトル
ナビ・タリョン (講談社文庫)
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1989-03
新品価格
より
中古商品
¥ 314 より
タイトル
石の声
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1992-10
新品価格
より
中古商品
¥ 509 より
タイトル
かずきめ
著者
李良枝
発売元
講談社
発売日
1983-09
新品価格
より
中古商品
¥ 198 より
タイトル
アサヒグラフ増刊 韓国再発見
著者
発売元
朝日新聞社
発売日
1987-04-01
新品価格
より
中古商品
¥ 860 より

「李良枝」と関連する人物

松本清 高井有一 河野多惠子 北杜夫 寒川光太郎 井上靖 芝木好子 新井満 三木卓 菊村到 東峰夫 畑山博 安岡章太郎 津村節子 日野啓三 吉行理恵 宮原昭夫 古山高麗雄 金原ひとみ 丸谷才一 林京子 川上未映子 清水基吉 中村文則 石塚喜久三 三浦清宏 小谷剛 吉田修一 大城立裕 加藤幸子 辻亮一 石原慎太郎 長嶋有 高城修三 辻仁成 中山義秀 目取真俊 南木佳士 保坂和志 大岡玲 長谷健 阪田寛夫 羽田圭介 柴崎友香 開高健 八木義徳 小尾十三 諏訪哲史 鹿島田真希 木崎さと子 荻野アンナ 柏原兵三 大庭みな子 倉光俊夫 米谷ふみ子 モブ・ノリオ 古井由吉 絲山秋子 小野正嗣 堀江敏幸 田中慎弥 由起しげ子 川村晃 山本道子 青来有一 辻原登 朝吹真理子 五味康祐 松本清張 中里恒子 丸山健二 尾崎一雄 高橋三千綱 室井光広 藤沢周 綿矢りさ 町田康 芥川龍之介 後藤紀一 高木卓 川上弘美 柴田翔 櫻田常久 青山七恵 笠原淳 津村記久子 火野葦平 田久保英夫 円城塔 大江健三郎 石川利光 花村萬月 吉田知子 奥泉光 庄野潤三 唐十郎 鶴田知也 村上龍 吉村萬壱 小島信夫 磯崎憲一郎 池田満寿夫 吉目木晴彦 李恢成 藤野千夜 宮本輝 石川淳 安部公房 重兼芳子 三浦哲郎 笙野頼子 松浦寿輝 多和田葉子 近藤啓太郎 遠藤周作 田辺聖子 小川洋子 伊藤たかみ 斯波四郎 高樹のぶ子 高橋揆一郎 大道珠貴 村田喜代子 吉行淳之介 郷静子 庄司薫 三田誠広 柳美里 平野啓一郎 岡松和夫 清岡卓行 石川達三 半田義之 松村栄子 小田嶽夫 森禮子 池澤夏樹 西村賢太 本谷有希子 又吉栄喜 堀田善衛 藤原智美 宇能鴻一郎 青野聰 中上健次 多田裕計 野呂邦暢 阿部和重 又吉直樹 冨澤有爲男 瀧澤美恵子 辺見庸 玄侑宗久 赤染晶子 黒田夏子 藤野可織 小山田浩子 滝口悠生 村田沙耶香 山下澄人 沼田真佑
連想語句
学校昭和高等山梨県生涯カヤグムソウルパンソリムソク京都入学南都留郡吉田国籍在日大学校大韓民国富士吉田市小説家山梨巫俗帰化府立日本早稲田大学県立社会科学群像西桂町韓国鴨沂それぞれときタリョンナビ下吉田両親中退二世以後伽耶候補候補作国文学国語学期小学生影響彼女往来朝鮮人本名淑枝田中留学発表編入舞踊芥川賞韓国人

↑ PAGE TOP