誕生日データベース

安藤元雄あんどうもとお

フランス文学者詩人[日本]

1934年 3月15日

安藤 元雄(あんどう もとお、1934年3月15日 - )は、日本の詩人、フランス文学者。
明治大学名誉教授。
東京生まれ。
東京都立日比谷高等学校、東京大学文学部仏文科進学。
在学中に多田富雄、江藤淳らとともに同人雑誌『Perute』のち『位置』に詩などを寄稿。
卒業後の1958年、時事通信社入社。
パリ特派員ののち、1965年から國學院大學助教授、73年から明治大学政経学部助教授、80年教授、2004年定年退職、名誉教授。
2005〜06年日本現代詩人会会長。
1980年、詩集『水の中の歳月』で高見順賞、88年『夜の音』で現代詩花椿賞、99年『めぐりの歌』で萩原朔太郎賞受賞、2002年、紫綬褒章受章。
2004年『わがノルマンディー』で藤村記念歴程賞、詩歌文学館賞受賞。
藤沢市に在住し住民運動にも関わり、1967年に「辻堂南部の環境を守る会」事務局長。
1985年、投票価値の平等を回復する神奈川3区有権者の会世話人代表。
著書 『秋の鎮魂』位置社, 1957 『船とその歌』思潮社, 1972 『フランス詩の散歩道』白水社, 1974 『椅子をめぐって』昭森社 1975 『居住点の思想 住民・運動・自治』晶文社 1978 『イタリアの珊瑚』小沢書店, 1979 『現代詩を読む 1976~1979』小沢書店, 1979 『水の中の歳月』思潮社, 1980 『安藤元雄詩集』思潮社(現代詩文庫), 1983 『この街のほろびるとき』小沢書店, 1986 『夜の音』書肆山田, 1988 『カドミウム・グリーン』思潮社, 1992 『めぐりの歌』思潮社, 1999 『フーガの技法』思潮社, 2001 『わがノルマンディー』思潮社, 2003 『続・安藤元雄詩集』思潮社(現代詩文庫) 2008   翻訳 ウジェーヌ・フロマンタン『ドミニック』。

■ 関連書籍

あんどう-もとお 1934-昭和後期-平成時代のフランス文学者,詩人。昭和9年3月15日生まれ。昭和29年江藤淳らと同人誌「位置」を創刊し,のち「秩序」同人。象徴詩風から叙情の世界にうつり,55年「水の中の歳月」で高見順賞,63年「夜の音」で現代詩花椿賞。平成11年「めぐりの歌」で萩原朔太郎賞。16年「わがノルマンディー」で藤村記念歴程賞,現代詩歌文学館賞受賞。昭和50年明大教授。東京出身。東大卒。訳書にボードレール「悪の華」。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大学
  • 明治
  • 東京
  • 助教授
  • 名誉教授
  • 國學院大學
  • 多田富雄
  • 学校
  • 年譜
  • 日本
  • 日比谷
  • 時事通信社
  • 東京大学
  • 江藤淳
  • 現代
  • 現代詩
  • 紫綬
  • 翻訳
  • 花椿
  • 萩原朔太郎
  • 著書
  • 褒章
  • 詩人
  • 都立
  • 高等
  • 高見順
  • ノルマンディー
  • パリ
  • 仏文科
  • 会長
  • 位置
  • 入社
  • 卒業
  • 受章
  • 受賞
  • 同人雑誌
  • 在学
  • 学部
  • 定年
  • 寄稿
  • 政経
  • 教授
  • 文学部
  • 歳月
  • 特派員
  • 詩集
  • 退職
  • 進学