生年月日データベース

栗島すみ子くりしますみこ

女優[日本]

(日本舞踊水木流家元・水木歌紅)

1902年 3月15日

1987年 8月16日 死去腎不全享年86歳
栗島すみ子 - ウィキペディアより引用

栗島 すみ子(くりしま すみこ、明治35年(1902年)3月15日 - 昭和62年(1987年)8月16日)は、明治・大正・昭和期の女優。
日本映画界初期の人気女優である。
日本舞踊水木流家元水木歌紅でもある。
東京府豊多摩郡渋谷村大字中渋谷(現在の東京都渋谷区道玄坂)に生まれた。
父の死後、母の再婚先である川村家を経て新派俳優栗島狭衣の養女となった。
明治40年(1907年)、5歳のとき狭衣の師である水木歌橘に入門し、日本舞踊を習い始めた。
同年父の主宰するお伽劇『うそつき爺い』で初舞台を踏んだ。
また、明治42年(1909年)には狭衣と共にM・パテー商会製作・公開の映画『新桃太郎』に出演した。
大正2年(1913年)、栗島狭衣一座の座員となり、巡業生活を送った。
この間ほとんど学校に通っていなかったため、将来を案じた母が一座から離れさせ、日本舞踊の修行に専心。
大正7年(1918年)に、水木歌紅の名で名取となった。
大正10年(1921年)2月、松竹蒲田撮影所に入り、ヘンリー小谷監督の『虞美人草』に当時の人気俳優岩田祐吉の相手役としてデビューした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • さく
  • エピソード
  • 代表作
  • 千枝子
  • 女優
  • 川田芳子
  • 日本舞踊
  • 書籍
  • 東京
  • 松井
  • 水木
  • 筑波雪子
  • 関連
  • 人気
  • 俳優
  • 写真
  • 初期
  • 妖婦
  • 家元
  • 拡大
  • 日本
  • 映画
  • 栗島