生年月日データベース

吉川勇一よしかわゆういち

市民運動家、評論家[日本]

1931年 3月14日 生 (満87歳)

吉川 勇一(よしかわ ゆういち、1931年3月14日 - 2015年5月28日)は、市民運動家、翻訳家。
元英語教師(予備校講師・専門学校講師)、元大学非常勤講師。
東京大学在学中に日本共産党に入党し、武装闘争を志向する、党内では多数派だが東大では少数派の所感派の活動家として頭角を現し、旧国際派は役職に就かせないという共産党中央の指示で東京大学学生自治会議長に就任した。
山村工作隊、東大ポポロ事件、砂川闘争などに参加し、講和・安保両条約発効に抗議する全学ストライキを指導して退学処分を受けた後は、共産党員として専従活動家の道を歩み、全学連書記局員、日本戦没学生記念会(わだつみ会)事務局員(組織部長)、日本平和委員会事務局員、同常任理事などを歴任して実務能力を身につけ、所感派の山村工作隊出身ながら「六全協」後も党に留まり、1958年4月には、後藤新平の義理の姪婿で鶴見和子・俊輔姉弟と姻戚に当たる平野義太郎の仲人で結婚していたが、1965年、前年の原水爆禁止世界大会で共産党の方針に反対意見を表明したことで党から除名処分を受ける。

■ 関連書籍

よしかわ-ゆういち 1931-2015昭和後期-平成時代の市民運動家。昭和6年3月14日生まれ。昭和26年東大学生自治会中央委員会議長となり,ポポロ事件をたたかう。退学処分後,全学連,わだつみ会などで活動。41年から「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)事務局長をつとめ,反戦運動を組織・展開。ベ平連解散後も市民運動に携わった。平成27年5月28日死去。84歳。東京出身。著作に「市民運動の宿題―ベトナム反戦から未来へ」。 (引用元 コトバンク)

「吉川勇一」と関連する人物

連想語句
  • 英語
  • 講師
  • 予備校
  • 共産党
  • 参考書
  • 大学
  • 学校
  • 専門
  • 年表
  • 所感
  • 教師
  • 日本
  • 東京大学
  • 武装
  • 編著
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 著書
  • 評論
  • 闘争
  • 闘病記
  • 非常勤
  • 党内
  • 入党
  • 在学
  • 多数
  • 少数
  • 志向
  • 東大
  • 活動家
  • 頭角