生年月日データベース

豊田穣とよだじょう

作家海軍中尉[日本(満州)]

1920年 3月14日

1994年 1月30日 死去享年75歳
豊田穣 - ウィキペディアより引用

豊田 穣(とよだ じょう、1920年(大正9年)3月14日 - 1994年(平成6年)1月30日)は、日本の小説家・作家、元海軍軍人(最終階級は海軍中尉)。
本名は同じ字であるが、「とよだ みのる」と読む。
豊田副武とは血縁関係ではないが、海軍時代に機関長から豊田副武の息子かと聞かれるくらい体格が似ていた。
第二次世界大戦について「日本をあの戦争に追い込んだのは、日本を囲むいわゆるABCD包囲網それにフランス、ソ連を加えた諸外国の動きを別にすれば、日本という国家及び日本人それ自体の体質、そして、軍事よりむしろ、政治、経済、外交の性格や方向づけに問題があったのではないかと、私は考えるようになった」と述べている。
豊田の全著作と執筆の際に参考にした戦史・戦記・伝記資料などは、故郷・岐阜の岐阜県図書館に「豊田穣文庫」として収蔵されている。
満州の四平街に生まれる。
その後、郷里の岐阜県本巣郡穂積町(現瑞穂市)へ戻り、1937年(昭和12年)3月、岐阜県立本巣中学校を卒業。

■ 映像作品

■ 関連書籍

戦記文学作家。大正9年、満州に生まれる。 昭和15年8月、海軍兵学校卒業。16年5月、霞ヶ浦航空隊付、第36期飛行学生(操縦)。18年4月、ソロモン方面イ号作戦で撃墜され、一週間海上漂流の後、米軍の捕虜となる。21年1月、帰国。中日新聞入社。48年、「長良川」で第64回直木賞受賞。平成4年度中日文化賞受賞。 平成6年1月歿。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作家
  • 海軍
  • 軍人
  • 日本
  • 豊田副武
  • ソ連
  • フランス
  • 世界
  • 中尉
  • 包囲
  • 大戦
  • 小説家
  • 新聞
  • 日本人
  • 翻訳
  • 著作
  • 著書
  • 記者
  • それ自体
  • とよだ
  • みのる
  • 体格
  • 国家
  • 外国
  • 息子
  • 戦争
  • 時代
  • 最終
  • 本名
  • 機関
  • 血縁
  • 関係
  • 階級