生年月日データベース

吉永みち子よしながみちこ

作家[日本]

1950年 3月12日

吉永 みち子(よしなが みちこ、1950年3月12日 - )は、日本のノンフィクション作家。
元競馬新聞記者。
旧姓は鈴木。
来歴・人物 埼玉県川口市出身。
中学生の時、母子家庭の家計を助けるためアイドルタレントになろうと考え、ナベプロのオーディションを受けて合格。
その後、埼玉県立浦和第一女子高等学校、1973年に東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科卒業後、競馬専門紙「勝馬」を発行する立馬株式会社に入社。
日本初の女性競馬新聞記者となる。
夕刊紙「日刊ゲンダイ」の記者を経て、1977年に騎手(当時)の吉永正人と結婚(後に離婚)。
ただし、騎手の吉永護は正人の前妻との間に生まれた子供であり、吉永みち子の実子ではない。
また正人が亡くなる直前には彼の身の回りの世話をしていたという。
また、正人の弟の吉永良人とは婚姻期間中は遠戚であった。
1978年、株式会社日刊現代を退社し、約5年間の専業主婦を経てノンフィクション作家として復帰。
1983年、雑誌「優駿」誌上の日本ダービー50周年企画で募集されたエッセイコンテスト「優駿エッセイ賞」最優秀作を受賞。

■ 映像作品

■ 関連書籍

よしなが-みちこ 1950-昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。昭和25年3月12日生まれ。競馬専門紙「勝馬」などで日本初の女性競馬記者として活躍。昭和52年妻をなくした吉永正人騎手と結婚(のち離婚)。60年「気がつけば騎手の女房」で大宅壮一ノンフィクション賞をうける。埼玉県出身。東京外大卒。著作はほかに「性同一性障害―性転換の朝」「晴ればれ更年期―女ざかりがもっと輝く処方箋」,小説「繋がれた夢」など。 (引用元 コトバンク)

「吉永みち子」と関連する人物

連想語句
  • 活動
  • インドネシア
  • プロダクション
  • 共著
  • 出典
  • 出演
  • 埼玉
  • 埼玉県
  • 外国語
  • 女子
  • 学校
  • 学部
  • 川口市
  • 東京外国語大学
  • 注釈
  • 浦和
  • 渡辺
  • 番組
  • 県立
  • 社会的
  • 競馬
  • 著書
  • 関連
  • 高等
  • アイドル
  • オーディション
  • タレント
  • 中学生
  • 出身
  • 卒業
  • 合格
  • 家計
  • 専門
  • 新聞
  • 母子家庭
  • 芸能
  • 語学科