誕生日データベース

三瀬幸司みせこうじ

プロ野球選手[日本]

1976年 3月11日

三瀬幸司 - ウィキペディアより引用

三瀬 幸司(みせ こうじ、1976年3月11日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)。
プロ入り前 香川県観音寺市出身。
香川県立観音寺第一高等学校、岡山理科大学卒業。
観音寺第一高校入学時は外野手であったが、当時の監督に勧められ投手に転向。
岡山理科大学は二部リーグで、本人曰く「うちの高校のほうが強いんじゃないかというぐらいのチーム」だった。
当時は全くの無名選手だったため、高校は一般入試で、大学は野球とは関係ない指定校推薦でそれぞれ入学している。
大学卒業後は野球をやめるつもりで就職活動をしていたが、父親の知り合いの紹介で社会人野球のNTT四国のテストを受け高評価を得る。
しかしこの年のNTT四国は既に新人の枠が一杯だったため、まだ枠に余裕のあったNTT中国を紹介され、1998年にNTT西日本に入社。
翌1999年に同チームが「NTT西日本中国クラブ」としてクラブチーム化されて以後も活動を続けた。
当時NTT中国の本拠地は広島市民球場の隣であったが、広島東洋カープのスカウトが見に行った試合はいつも打たれたため、スカウトの目に留まることは無かった。

■ 関連書籍

プロ野球、中日ドラゴンズの投手。背番号は57→39。 1976年3月11日生まれ、香川県三豊市山本町生まれの香川県観音寺市育ち、A型、左投げ左打ち。 観音寺第一高校−岡山理科大学−NTT西日本中国野球クラブを経て2003年ドラフト7位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。 28歳と遅咲き入団だが1年目から抑えに定着。 ルーキーで最優秀救援投手のタイトルを獲得し、新人王にも選ばれた。 また、名前が「みせ」であることに加えて 初めてのお立ち台で「毎日沢山の皆様にお越し頂きましてありがとうございます!」と まるで店長のような挨拶をしたことから「店長」の愛称でも親しまれている。 2010年シーズン途中、清水将海とのトレードで中日へ移籍。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • 時代
  • ソフトバンク
  • タイトル
  • ダイエー
  • プロ
  • プロ野球
  • 中日
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 背番号
  • 表彰
  • 観音寺市
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • 香川県
  • こうじ
  • ソース
  • 三瀬
  • 出身
  • 幸司