誕生日データベース

鈴木大地すずきだいち

競泳選手、日本水泳連盟会長[日本]

1967年 3月10日

鈴木 大地(すずき だいち、1967年3月10日 - )は、千葉県習志野市出身の元水泳選手、体育学者、スポーツ庁初代長官。
1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリスト。
バサロ泳法で有名な選手である。
順天堂大学教授(体育学修士、博士(医学))、日本水泳連盟会長(2013年-2015年)。
学歴・職歴 1985年(昭和60年) - 船橋市立船橋高等学校卒業 1989年(平成元年) - 順天堂大学体育学部(現スポーツ健康科学部)体育学科卒業 1993年(平成5年) - 順天堂大学大学院体育学研究科体育学専攻修了 1994年(平成6年) - コロラド大学ボルダー校客員研究員 1998年(平成10年) - ハーバード大学水泳部ゲストコーチ(日本オリンピック委員会から派遣) 2000年(平成12年) - 順天堂大学体育学部講師および順天堂大学水泳部監督に就任 2006年(平成18年) - 順天堂大学スポーツ健康科学部助教授に就任 2007年(平成19年) - 順天堂大学医学部より博士(医学)の学位を取得 2013年(平成25年) - 順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科コーチング科学コース教授 2015年(平成27年) - スポーツ庁初代長官に就任現役生活引退後は順天堂大学に勤務し、スポーツ科学の研究に取り組む傍ら、順天堂大学水泳部監督を務めていた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

すずき-だいち 1967-昭和後期-平成時代の水泳選手。昭和42年3月10日生まれ。昭和59年市立船橋高3年のとき100m背泳ぎで日本新記録をマークし,同年ロス五輪に出場。科学的練習で力をつけ,63年ソウル五輪の同種目で金メダル。25mも潜水するバサロスタートが話題となった。平成18年母校順天堂大助教授,19年医学博士,25年教授。世界オリンピアンズ協会(WOA)理事,日本オリンピアンズ協会(OAJ)理事などをつとめる。平成23年日本水泳連盟常務理事,25年同会長。同年日本オリンピック委員会(JOC)理事。27年新設のスポーツ庁の初代長官となる。千葉県出身。順天堂大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 水泳
  • 連盟
  • 選手
  • スポーツ
  • 体育
  • 時代
  • 初代
  • 長官
  • オリンピック
  • ソウル
  • 会長
  • 医学
  • 千葉県
  • 博士
  • 国際
  • 学者
  • 引退
  • 指導者
  • 教授
  • 日本
  • 現役
  • 競泳
  • 習志野市
  • 背泳ぎ
  • 順天堂大学
  • すずき
  • だいち
  • アジア
  • バサロ
  • メダリスト
  • メドレー
  • リレー
  • 修士
  • 出身
  • 大地
  • 有名
  • 泳法
  • 潜水泳法
  • 理事
  • 男子
  • 金メダル
  • 鈴木