生年月日データベース

中川三郎なかがわさぶろう

舞踊家[日本]

1916年 3月9日 生 (満102歳)

中川 三郎(なかがわ さぶろう、大正5年(1916年)3月9日 - 平成15年(2003年)10月24日)は、「社交ダンスの父」と呼ばれる日本におけるモダンダンスの創始者。
日本タップダンス界の祖。
洋舞家。
ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒。
大阪市出身。
「擬装の麗人」と呼ばれ、昭和の日本の興行界に一大センセーションを巻き起こした。
長女は女優・タップダンサーの中川弘子 1930年日本歌劇の創始者である伊庭孝に師事、楽劇理論を学ぶ。
15歳で伊庭の主宰する歌劇団で巡業、初舞台を踏む。
学生時代にダンスホールに通う。
慶應義塾大学経済学部予科を経て17歳で単身渡米、ニューヨーク市立大学シティカレッジ(CCNY)卒業。
日本人で初めてタップダンサーとしてブロードウェイ・ミュージカルの劇場に出演、成功を修める。
1933年RCAチェーン劇場にマジソン・ダンサーとして出演。
ブロードウェイ・ミュージカル「クォーター・ツ・ナイン」をウィンター・ガーデン劇場で、シンフォニック・タップにアレンジ、ソロ出演。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

なかがわ-さぶろう 1916-2003昭和-平成時代の舞踊家。大正5年3月9日生まれ。伊庭(いば)孝に師事。昭和7年渡米,タップダンスをならい,翌年日本人初のブロードウェー出演をはたした。11年帰国後タップダンサーとして活躍,日本のアステアと評判になった。戦後,全国各地にダンススタジオを開設し,社交ダンスの普及につとめた。平成15年10月24日死去。87歳。大阪出身。ニューヨーク市立大卒。 (引用元 コトバンク)

「中川三郎」と関連する人物

連想語句
  • 日本
  • カレッジ
  • シティ
  • ニューヨーク
  • 大学
  • 市立
  • タップ
  • タップダンス
  • ダンサー
  • ホール
  • モダン
  • 中川弘子
  • 予科
  • 伊庭孝
  • 創始者
  • 大阪市
  • 学部
  • 慶應義塾大学
  • 社交ダンス
  • 経済
  • 著書
  • 関連書
  • センセーション
  • 一大
  • 主宰
  • 伊庭
  • 出身
  • 初舞台
  • 劇団
  • 卒業
  • 単身
  • 女優
  • 学生
  • 巡業
  • 師事
  • 擬装
  • 日本人
  • 昭和
  • 時代
  • 楽劇
  • 歌劇
  • 洋舞
  • 渡米
  • 理論
  • 興行
  • 長女
  • 麗人