誕生日データベース

野田秀樹のだひでき

レーシングドライバー[日本]

1969年 3月7日

野田 秀樹(のだ ひでき、1955年12月20日 - )は日本の俳優、劇作家、演出家。
多摩美術大学教授。
東京芸術劇場芸術監督。
朝日賞選考委員(2015年度より)。
長崎県西彼杵郡崎戸町(現西海市崎戸町)に生まれる。
三菱炭坑勤務の父の転勤先であったため、すぐ東京へ引越す。
兄は野田博明(興銀広報部長、みずほフィナンシャルストラテジー常勤監査役などを歴任。
脳出血を患い、そのリハビリ体験を各所で公表している)である。
小学校の同級生に映画監督の金子修介がいる。
1986年に劇団夢の遊眠社所属の女優竹下明子と結婚するが翌年に離婚する。
舞台『真夏の夜の夢』(1994年)で知り合った大竹しのぶと5年にわたる同棲生活をおくるもその後破局する。
1989年、目の血管が詰まる病気が原因で右目を失明する。
2005年12月に女優・歌手の藤田陽子と再婚、2009年6月1日に第1子が誕生した。
1972年、高校2年生の時に処女戯曲『アイと死をみつめて』を発表。
1974年東京教育大学附属駒場高等学校卒業。
東京大学入学後は演劇研究会に所属。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

劇作家、演出家、俳優 1955年12月20日生まれ 東京大学中退 1976年劇団 夢の遊眠社 結成 1986年 女優竹下明子と結婚 翌年離婚 1992年劇団 夢の遊眠社 解散 1993年企画製作会社「NODA・MAP」設立 2005年12月 女優藤田陽子と再婚 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 芸術
  • オペラ
  • テレビドラマ
  • 上演
  • 共著
  • 出典
  • 劇場
  • 受賞歴
  • 対談
  • 小説
  • 戯曲
  • 映画
  • 朝日
  • 東京
  • 注釈
  • 演出
  • 著作
  • 関連
  • 随筆
  • 雑文
  • 出演
  • 出演作
  • 委員
  • 監督
  • 選考