生年月日データベース

永井道雄ながいみちお

教育学者[日本]

1923年 3月4日 生 (満95歳)

永井 道雄(ながい みちお、1923年3月4日 - 2000年3月17日)は、日本の教育社会学者。
文部大臣(第95代)。
戦前に立憲民政党幹事長や拓務大臣、逓信大臣、鉄道大臣を務めた永井柳太郎の次男。
来歴・人物 東京に生まれる。
東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。
当時の同級生には哲学者の鶴見俊輔、中央公論社社長の嶋中鵬二、作家の中井英夫らがいる。
東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、旧制武蔵高校を経て、京都大学文学部を卒業。
京都大学人文科学研究所助手、米国へ留学し、1952年オハイオ州立大学で教育社会学のPh.D.を取得。
京都大学教育学部助教授となり、ドナルド・キーンと出会い親友となる。
1957年東京工業大学に移る。
1970年、東京工業大学を退職。
朝日新聞社論説委員を務める。
大学紛争の時代には、国際基督教大学の事務長だった飯田宗一郎が都内主要大学の学長、総長の協力を経て八王子に大学セミナーハウスを開いた際、そのセミナーハウスで行われた大学共同ゼミナールを永井が主催し、教育の実際的な改革に精力的に取り組んだ。

■ 関連書籍

ながいみちお [生]1923.3.4.東京[没]2000.3.17.東京教育社会学者,評論家。雄弁家として著名な代議士・永井柳太郎の長男として生れる。1944年京都大学文学部卒業後,米オハイオ州立大学大学院で教育哲学,教育社会学を学び博士号を取得する。京大助教授などを経て63年東京工業大学教授に就任。哲学出身の教育社会学者として論壇で活発に発言し,「大学公社」論を構想した『大学の可能性』(69)で第4回吉野作造賞を受賞した。70年東工大を辞職し,朝日新聞社の論説委員となる。74年三木内閣に文部大臣として入閣,学者文相と呼ばれる。在任中,小・中学校に主任制を導入したため,日教組から批判を受けた。辞任後,朝日の論説委員に復帰,のち上智大学教授,国連大学学長特別顧問などをつとめる。『教育はどこへ』(84),『日本の大学』(64)など教育関係の著書も多い。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 東京
  • 小学校
  • 附属
  • 中央公論社
  • 共著
  • 哲学者
  • 学校
  • 嶋中鵬二
  • 師範
  • 拓務
  • 文部
  • 民政
  • 永井柳太郎
  • 立憲
  • 筑波大学
  • 翻訳
  • 著書
  • 逓信
  • 鉄道
  • 関連
  • 高等
  • 鶴見俊輔
  • 三木
  • 中井英夫
  • 作家
  • 内閣
  • 卒業
  • 同級
  • 幹事
  • 当時
  • 戦前
  • 日本
  • 次男
  • 社長