誕生日データベース

アレクサンダー・グラハム・ベルAlexander Graham Bell

発明家、科学者[イギリス→カナダ→アメリカ]

1847年 3月3日

1922年 8月2日 死去享年76歳
アレクサンダー・グラハム・ベル - ウィキペディアより引用

『グレアム・ベル』より : アレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell 、1847年3月3日 - 1922年8月2日)は、スコットランド生まれの科学者、発明家、工学者。
世界初の実用的電話の発明で知られている。
ベルの祖父、父、兄弟は弁論術とスピーチに関連した仕事をし、母と妻は聾だった。
このことはベルのライフワークに深く影響している。
聴覚とスピーチに関する研究から聴覚機器の実験を行い、ついに最初のアメリカ合衆国の特許を取得した電話の発明(1876年)として結実した。
後にベルは彼の最も有名な発明が科学者としての本当の仕事には余計なものだったと考え、書斎に電話機を置くことを断わった。
その後も様々な発明をしており、光無線通信、水中翼船、航空工学などの分野で重要な業績を残した。
1888年にはナショナルジオグラフィック協会創設に関わった。
その生涯を通じて科学振興および聾者教育に尽力し、人類の歴史上最も影響を及ぼした人物の1人とされることもある。
ベルが会長(在職期間:1896年 - 1904年)を務めたナショナルジオグラフィック協会の月刊誌である『ナショナル ジオグラフィック』日本版(日経ナショナル ジオグラフィック社)では「アレクサンダー・グラハム・ベル」としているため、本記事ではこれに従うが、表記発音については脚注参照。

■ 関連書籍

連想語句
  • ナショナルジオグラフィック
  • ベル
  • 協会
  • 発明
  • スピーチ
  • 注釈
  • 科学者
  • 聴覚
  • 電話
  • ライフ
  • ワーク
  • 仕事
  • 学者
  • 工学
  • 弁論
  • 影響
  • 教育
  • 水中翼船
  • 無線
  • 特許
  • 発明家
  • 航空
  • 通信
  • ろう
  • アメリカ
  • 世界初
  • 人類
  • 会長
  • 余計
  • 兄弟
  • 分野
  • 制度
  • 創設
  • 合衆国
  • 在職
  • 実験
  • 尽力
  • 振興
  • 書斎
  • 最初
  • 有名
  • 期間
  • 本当
  • 業績
  • 様々
  • 機器
  • 歴史
  • 生涯
  • 祖父
  • 科学
  • 米国
  • 結実
  • 聾者
  • 重要
  • 関連
  • 電話機