生年月日データベース

レオ・ゴメスLeo Gomez

プロ野球選手[プエルトリコ]

(中日ドラゴンズで活躍)

1967年 3月2日 生 (満51歳)

レオナルド・ゴメス(Leonardo Gómez Vélez , 1966年3月2日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手(内野手)。
1997年~2002年まで中日ドラゴンズに所属した。
来歴・人物 ルイス・エルナエス・ネボネス高から1985年にボルチモア・オリオールズに入団。
1990年、メジャー初昇格。
1996年にシカゴ・カブスに移籍。
1997年、中日ドラゴンズに入団。
勝負強い打撃で主に4番打者として活躍し、1年目から打率.315、31本塁打の好成績を記録した。
1999年には36本塁打、109打点で当時の球団外国人選手の最高成績(2006年にタイロン・ウッズが47本塁打、144打点で新記録をマーク)を収めてリーグ優勝に貢献した。
特に優勝争いをしていた読売ジャイアンツ戦に強く、36本塁打の内、13本塁打を読売ジャイアンツの投手から放つ活躍をした。
2000年に「家族との時間を大切にしたい」という理由で一時退団した。
しかし、翌年の中日は新外国人のティム・アンローやオジー・ティモンズを含め打撃が振るわないことから、2001年シーズン途中に来日して復帰。

Leo Gomez MLB選手。プロ野球、中日ドラゴンズの選手。 右投右打、ポジションは三塁手。背番号は4番。 1967年3月2日生まれ。プエルトリコ出身。 ルイス・ヘルナサス・ネボベス高から1985年、ボルチモア・オリオールズ入団。1990年メジャー昇格。 カル・リプケンJr.と三遊間を組んだ。 1996年、シカゴ・カブスに移籍。 1997年、中日ドラゴンズに入団。 入団1年目から全試合に出場し30本塁打を打ちベストナインを獲得。 1999年には巨人戦に滅法強く13本塁打をマーク。4番打者としてセ・リーグ優勝に大きく貢献した。 2000年、家族との時間を大切にしたいと言う理由から退団。 その後、ピッツバーグ・パイレーツのマイナーリーグで活躍。 2001年5月、チームの打撃不振によりドラゴンズに復帰。 2002年、持病のヒザの痛みにより、退団。 2012年時点では、古巣オリオールズ傘下のマイナーリーグでコーチ業務を行っている。2012年11月、バラエティ番組の収録で10年ぶりに来日。 ドラゴンズ史上屈指の優良外国人選手である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • プエルトリコ
  • プロ野球
  • 中日ドラゴンズ
  • 内野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • エス
  • エルナ
  • ゴメス
  • ネス
  • ネボ
  • ベレス
  • ルイス
  • レオナルド
  • 出身
  • 所属