誕生日データベース

松永浩典

プロ野球選手[日本]

1984年 2月24日

松永浩典 - ウィキペディアより引用
松永 浩典(まつなが ひろのり、1984年2月24日 - )は、長崎県西彼杵郡三和町出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 プロ入り前 長崎市立蚊焼小学校、長崎市立三和中学校)を経て長崎海星高等学校に進学した。
2000年秋季九州大会でエースで4番を務め、投打にわたって活躍し4強入り、注目を浴びるようになる。
翌2001年春の第73回選抜高等学校野球大会に出場し、初戦で仙台育英学園高等学校と対戦。
試合は仙台育英の左腕エース・芳賀崇との投手戦となったが、延長10回の末に3-4でサヨナラ負けを喫した。
なお、仙台育英はこの大会で準優勝している。
夏は長崎大会3回戦で諫早高校に4-5のサヨナラ負けを喫し、春夏連続出場はならなかった。
高校卒業後は社会人野球の三菱重工長崎に入社し、前年にプロ入りした杉内俊哉の背番号18を受け継ぎ、「杉内2世」とも呼ばれた。
入社早々から投手としてオープン戦に登板機会を与えられ、細身ながら130km/h前後の速球と80km/h台のスローカーブを繰り出し、社会人の強打者を相手に思い切りのいい投球を披露した。

「松永浩典」と関連する人物

連想語句
  • プロ
  • 投手
  • プロ野球
  • 市立
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 現役
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 長崎
  • 長崎市
  • 長崎県
  • 関連
  • ひろのり
  • まつなが
  • 出身
  • 小学校
  • 松永
  • 浩典
  • 蚊焼