誕生日データベース

一色伸幸

脚本家[日本]

1960年 2月24日

■ 映像作品

■ 関連書籍

脚本家。 1960年2月24日生まれ。東京都出身。大学を中退し、松竹大船撮影所で助監督、プロットライターを務めた後、1982年に火曜サスペンス劇場「松本清張の脊梁」で脚本家デビュー(このときは古田求と共同脚本)。その後、アニメ「ミームいろいろ夢の旅」「宇宙船サジタリウス」やTVドラマ「ハーフポテトな俺たち」などを経て、活躍の場を映画の世界に移す。「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」などホイチョイ・プロダクション製作映画の脚本を手掛け、「病院へ行こう」と「僕らはみんな生きている」で、それぞれ「日本アカデミー賞優秀脚本賞」を受賞。現在は鎌倉在住で、映画のほか、漫画やゲームの原作も手がけている。 余談だが、「『僕らはみんな生きている』は個人的には『サジタリウス』の実写版のつもり」だったそうだ。*1 90年代後半からうつを発症し、回復後2007年に「うつから帰って参りました」を刊行。2008年1月18日TBS「R30」に出演し、うつの体験を語った。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • シナリオ
  • 映画
  • アニメ
  • ゲーム
  • テレビ
  • 亀有
  • 作品
  • 原作
  • 文学部
  • 松竹
  • 漫画
  • 研究所
  • 神奈川県
  • 舞台
  • 著作
  • 葛飾区
  • 野村芳太郎
  • 鎌倉
  • 鎌倉市
  • 関連
  • 青山学院大学
  • グランドスラム
  • 中学校
  • 中退
  • 出身
  • 卒業
  • 在住
  • 学園
  • 学園高校
  • 学校
  • 所属
  • 文学科
  • 監督
  • 自主
  • 英米
  • 製作
  • 高等