生年月日データベース

石濱恒夫いしはまつねお

文学者[日本]

1923年 2月24日

2004年 1月9日 死去肺がん享年82歳

■ 関連書籍

作家・作詞家。1923〜2004 東洋史学者、西域古文書学の石濱純太郎の長男。 漢学塾・泊園書院を明治になって再興した藤澤南岳の次男・黄坡と、純太郎の姉カツが結婚。その息子が同じく作家の藤沢桓夫で従兄にあたるなど、文学的素養の豊かな環境に育った。 東京大学文学部卒業後、川端康成の自宅に住み込んで師事し、そのノーベル賞授賞式にも同行した。 小説 「らぶそでい・いん・ぶるう」 は芥川賞候補となり、「こいさんのラブコール」の作詞、随筆集「大阪詩情」等の作品があり、数々のヒット曲の作詞、翻訳、評伝など幅広く活躍した。 平成16年(2004)1月、80歳で死去。 娘の石浜紅子は、「なにわの海の時空館」 館長を務めている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 司馬
  • 大学
  • 学校
  • 文学
  • 石濱
  • ノーベル
  • 作品
  • 出陣
  • 在学
  • 大阪
  • 大阪市
  • 学徒
  • 学者
  • 川端
  • 川端康成
  • 帝国
  • 戦車
  • 旧制
  • 東京
  • 桓夫
  • 歌謡曲
  • 歴史
  • 純太郎
  • 織田作之助
  • 藤沢
  • 詩集
  • 遼太郎
  • 部隊
  • 関連
  • 高等
  • ストックホルム
  • 一緒
  • 出身
  • 卒業
  • 友人
  • 受賞
  • 召集
  • 史学
  • 史学科
  • 同行
  • 師事
  • 弟子入り
  • 影響
  • 従兄
  • 授賞
  • 文学部
  • 東洋
  • 私邸
  • 美術
  • 親交
  • 配属
  • 鎌倉
  • 陸軍