生年月日データベース

西山哲平にしやまてっぺい

男子サッカー選手[日本]

1975年 2月22日

西山 哲平(にしやま てっぺい、1975年2月22日 - )は千葉県柏市出身の元プロサッカー選手、及びサッカー指導者。
現役時代のポジションはミッドフィールダー。
ベルマーレ平塚時代はFWだったが、MFにコンバートされ、ユーティリティープレイヤーとして活躍した。
1994年サントリーシリーズ最終戦(ヴェルディ川崎戦)にてデビュー。
当時平塚の監督であった古前田充は、「2ndステージ(NICOSシリーズ)のために試しておきたかった」とコメントしている。
当時絶対的存在であったFW野口幸司のサブとして考えていたようである。
デビュー戦では19歳の若者らしい勢いのある突破を見せた。
2003年11月12日の練習中、右足脛腓骨骨折で全治6ヶ月の大怪我を負ったが、2004年9月18日東京ヴェルディ1969戦(味の素スタジアム)に後半29分から出場。
見事復活を遂げた。
2007年9月15日の川崎フロンターレ戦にてJ通算300試合出場を達成。
またその試合ではロスタイムに勝ち越しとなるゴールを決めるもその後川崎に追いつかれたため試合は引き分けに終わっている。

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィルダー。 1975年2月22日生まれ。千葉県出身。 本職は右サイドの選手。常に前を向き、直線的なドリブル突破で次々と勝負を仕掛けるアタッカータイプの選手だったが、ハン・ベルガー、シャムスカ両監督の下で1.5列目やトップ下やボランチなどの複数のポジションを経験し、プレーの幅を広げた。 PA外からの強烈なミドルシュートも持ち味。 高校を中退して、単身ブラジルに渡った経歴を持ちポルトガル語が堪能である。ベルマーレ平塚時代にはDDIのCMにも出演した。 趣味は盆栽。 2009年シーズンを最後に現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ミッドフィールダー
  • クラブ
  • シリーズ
  • タイトル
  • トリニータ
  • プレイヤー
  • ユーティリティー
  • ヴェルディ
  • 個人
  • 古前田充
  • 大分
  • 平塚
  • 成績
  • 所属
  • 時代
  • 関連
  • カー
  • コメント
  • コンバート
  • サッカー
  • サントリー
  • ステージ
  • デビュー
  • フォワード
  • フットボール
  • ベルマーレ
  • ポジション
  • 事業本部
  • 川崎
  • 強化
  • 当時
  • 指導者
  • 最終
  • 東京
  • 活躍
  • 湘南ベルマーレ
  • 現役
  • 監督
  • 部長