生年月日データベース

八代尚宏やしろなおひろ

経済学者[日本]

1946年 2月22日

八代尚宏 - ウィキペディアより引用

八代 尚宏(やしろ なおひろ、1946年2月22日 - )は、日本の経済学者。
国際基督教大学教養学部社会科学科客員教授。
専門は労働経済学、法と経済学、経済政策。
元内閣府経済財政諮問会議議員、規制改革会議議員。
主な経歴・概要 同志社高等学校を経て、国際基督教大学教養学部および東京大学経済学部卒。
大学卒業後、経済企画庁に入庁。
在職中の1981年にメリーランド大学大学院(アメリカ合衆国)にて経済学博士号を取得。
OECDシニアエコノミスト、日本経済研究センター主任研究員、上智大学国際関係研究所教授、日本経済研究センター理事長、国際基督教大学教養学部社会科学科教授等を歴任し、2011年4月より現職。
『日本的雇用慣行の経済学』(日本経済新聞社)により、石橋湛山賞を受賞した。
主張・発言 労働格差 「労働格差是正論者」であり、同一労働同一賃金の徹底と新卒一括採用・定年制の廃止を訴えている。
前者については、「正社員・非正社員の区別なき、多様な働き方を前提とした均等ルールの設立や、正社員以外の労働者への雇用・社会保険の適用拡大を促進することが、本来の労働市場改革の目指すべき方向」であるとしている。

■ 関連書籍

経済学者 1946年生まれ(大阪府)。 国際基督教大学教養学部、東京大学経済学部卒。 経済学博士(メリーランド大学)。 経済企画庁総合計画局計量担当計画官、日本経済研究センター理事長を経て、国際基督教大学教授。 経済財政諮問会議メンバー。 (引用元 Hatena Keyword)

「八代尚宏」と関連する人物

連想語句
  • 経済
  • 会議
  • 内閣府
  • 労働
  • 改革
  • 規制
  • 委員
  • 教授
  • 主張
  • 共編
  • 共著
  • 制度
  • 単著
  • 大学
  • 夫婦別姓
  • 客員
  • 推進
  • 政策
  • 株式会社
  • 格差
  • 発言
  • 編著
  • 著書
  • 諮問
  • 財政
  • 関連
  • グローバル
  • ビジネス
  • 学科
  • 学部
  • 専門
  • 昭和女子大学
  • 特命