誕生日データベース

土屋礼一つちやれいいち

日本画家[日本]

1946年 2月28日

土屋 礼一(つちや れいいち、1946年2月28日 - )は、日本画家。
本名:土屋禮一(つちや れいいち)。
岐阜県養老郡養老町高田生まれ。
岐阜県立大垣南高等学校、武蔵野美術大学卒業後、加藤東一に師事。
日展の常連受賞者となる。
日展理事、武蔵野美術大学客員教授、金沢美術工芸大学教授。
代表作『赤い沼』は文化庁に買い取りを受けている。
2007年に「軍鶏」で日本芸術院賞受賞。
2009年、日本芸術院会員。
2011年、隅田川花火大会花火コンクールの審査委員長を歴任。
家族 父は、日本画家の土屋輝雄(1909年 - 1962年)。
妻は、絵本作家のつちやゆみ(土屋侑美)。
息子は、ミュージシャンのRAG FAIRおよびズボンドズボンの土屋礼央。
その他 シンガーソングライターの松任谷由実の指導教授。
脚注 ==。

■ 関連書籍

連想語句
  • 家族
  • 日本芸術院
  • 武蔵野美術大学
  • 金沢美術工芸大学
  • 教授
  • 花火
  • 加藤東一
  • 南高
  • 大会
  • 学校
  • 客員
  • 岐阜
  • 岐阜県
  • 文化庁
  • 日展
  • 理事
  • 県立大
  • 隅田川
  • 養老町
  • 養老郡
  • コンクール
  • 代表作
  • 会員
  • 卒業
  • 受賞
  • 受賞者
  • 名誉教授
  • 委員長
  • 審査
  • 展覧会
  • 師事
  • 常連
  • 日本
  • 歴任
  • 美術
  • 軍鶏
  • 高田