生年月日データベース

横山泰三よこやまたいぞう

漫画[日本]

1917年 2月28日

2007年 6月10日 死去肺炎享年91歳
横山泰三 - ウィキペディアより引用

横山 泰三(よこやま たいぞう、1917年(大正6年)2月28日 - 2007年(平成19年)6月10日)は、昭和の漫画家。
高知県高知市出身。
漫画家の横山隆一は兄。
代表作は毎日新聞夕刊に1950年から1953年にかけて連載された4コマ漫画『プーサン』、朝日新聞朝刊に1954年から1992年までの39年間に計1万3561回掲載された1コマ風刺漫画『社会戯評』など。
戦前から投稿経験を重ね、帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)で洋画を学ぶ。
戦後、腎臓病を患っていた兄を手伝ううちに、自分も漫画を描くようになる。
活動当初はロートレックのような流麗な線を用いたタッチで戦後の開放的な風俗をテーマにしたエロティックな風俗漫画を描いていたが、やがてスタインベルグへの傾倒を思わせる点と線とでもいうべきタッチへと変更し、戦後の漫画界に新風を巻き起こした。
日本を代表する政治風刺漫画家として、数々の栄誉を受けるが、風刺漫画家の宿命というべき批判も多く、有名なものには「政治家の似顔絵が描けない風刺漫画家」「社会を批判する立場でありながら褒章 / 叙勲を授けるべからず、辞退すべし」などがある。

■ 関連書籍

漫画家。横山隆一の弟。1917〜2007、高知県生まれ。 帝国美術大学卒業後、洋画家を志すが、兄の隆一が漫画家だったことから漫画家に転向。 1950年〜1954年まで毎日新聞に「プーサン」を連載。1954年から朝日新聞に「社会戯評」を連載する。 ひとコママンガながら、時代を鋭く描いたこの作品で風刺漫画として人気を集め、漫画家としての地位を不動のものにした。 1992年に連載終了。通算13561回を数えた。 1954年菊池寛賞。1981年紫綬褒章。1988年勲四等旭日小綬賞。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 漫画
  • 漫画家
  • プーサン
  • メディア
  • 作品
  • 出演
  • 受賞歴
  • 戯評
  • 新潮
  • 日本
  • 昭和
  • 朝日新聞
  • 横山隆一
  • 毎日新聞
  • 社会
  • 評価
  • 連載
  • 週刊
  • 風刺
  • アイデア
  • 一コマ
  • 初期
  • 夕刊
  • 実兄
  • 平成
  • 後期
  • 戦後
  • 新風
  • 朝刊
  • 活動
  • 独特
  • 画風
  • 痛烈