生年月日データベース

桂文也

落語家[日本]

1952年 2月20日

桂 文也(かつら ぶんや)は、上方落語の名。
過去1、2人ほど「文也」を名乗った落語家が存在する。

桂 文也 - 3代目桂小文枝(後の桂文枝 (5代目) 5代目文枝)に1965年に3代目小文枝に入門した弟子が名乗ったが、すぐに廃業している。

桂 文也(かつら ぶんや、1952年2月20日 - )は京都市出身の落語家、コピーライター。
本名は久留米 治彦。

大阪学院大学を中退し、1973年9月に桂小文枝(のちの桂文枝 (5代目) 5代目桂文枝)に入門。
上方落語協会会員。

一時、板東英二の芸能事務所 事務所に所属し、タレント活動なども行っていた。

また、兄弟子の桂文喬と同じ人権問題・更に自身がジェンダー問題等に取り組んでおり、現在は古典落語の他、日本ジェンダー学会に所属し各地方公共団体 自治体での講演や「ジェンダー落語」も行っている。

■ 関連書籍

「桂文也」と関連する人物

連想語句
  • 上方
  • 日本
  • 落語
  • 文也
  • 桂文枝
  • 京都市
  • 京都府
  • 協会
  • 定紋
  • 活動
  • かつら
  • ぶんや
  • フリー
  • 一門
  • 久留米
  • 五条橋
  • 会員
  • 備考
  • 入門
  • 出囃子
  • 出生地
  • 小文
  • 師匠
  • 廃業
  • 弟子
  • 所属
  • 期間
  • 本名
  • 治彦
  • 生年月日